日・仏・印・豪での中国包囲網

画像


中国の海洋における横暴に対し、フランスのマクロン大統領が日・仏・印・豪での中国包囲網を提唱している。
中国は、台湾を武力をもってしても自国の領土として支配することを公言しているが、フランスは台湾海峡を「航行の自由」を盾にフリゲート艦・パンでミエールで航行している。中国はこれに対し強い抗議をしているが、あくまで台湾は中国の一部ではない事を、中国に対して意思表示をしている。

画像


中国のような国は、話し合いによって自制をうながしても言うことを聞く国ではなく、やはり武力により抑えておかないと今後、ドンドン南シナ海への侵出を抑えることはできない。
武力制圧において、仏軍は強力なピースになる。

一気に、中国を押さえ込むことが大切だ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック