油断ならない中国の軍拡

中国がインド国境からわずか50kmの地点に地下施設を建設していることが、衛星写真から判明した。
地下施設は2016年12月から始まっており、建設速度は遅いとのこと。その、理由に高い機密性を保ち、現地人ではなく派遣特別要員による建設が行われているからではないかと見られている。

画像


中国に近く、人口が多いインドに対して将来にらみを利かせるためなのか、辺鄙な場所に核実験施設を作っているのかは不明。

中国は過去、チベット自治区等において地下核実験を行っており、軍拡の勢いは収まっていない。
米国との覇権争いのために、軍拡も中国の大事なファクターであり、目に見えないところでの核開発も進んでいるとみられる。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック