韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について

画像


ついに、わが国防衛省が火器探査レーダー照射を受けての韓国側との交渉が、これ以上困難であるとの見解を断言した。


平成31年1月21日
防衛省

昨年12月20日(木)に発生した韓国海軍駆逐艦から海上自衛隊第4航空群所属P-1哨戒機(厚木)への火器管制レーダーの照射された件について、日本側が有する客観的事実を取りまとめた防衛省の最終見解及び本件事案発生時に同機が探知した音を公表することとしました。
 防衛省としては、韓国駆逐艦による海自P-1哨戒機への火器管制レーダー照射について、改めて強く抗議するとともに、韓国側に対し、この事実を認め、再発防止を徹底することを強く求めます。更に、これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らないと考えられることから、本件事案に関する協議を韓国側と続けていくことはもはや困難であると判断いたします。
 本公表が、同種事案の再発防止につながることを期待するとともに、引き続き、日韓・日米韓の防衛協力の継続へ向けて真摯に努力していく考えです。

http://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/01/21x.html



同省、ホームページ上でも火器探査レーダーの探知音と捜索用レーダーの探知音を公開している。
本来であれば、韓国側は弁解しようのない証拠をつきつけられているわけであるが、どこまで行っても日本側の「ねつ造の類」のような見解であり、まさしくこれ以上議論を尽くしても話は進展しないであろう。

文在寅大統領は、北朝鮮に対して完全に援助の意向を示しており、それは韓国民の利益さえも無視するものとなるであろう。
自分の代に朝鮮統一の道しるべをつけて、歴史に名前を残すことしか考えていない。これは、韓国民にとっても不幸なことである。
画像


北朝鮮と韓国が統一して困るのは韓国であって、生活レベルが一気に下がる。ただ、北朝鮮は核弾頭を持っているくにであり、他国への恐喝外交で成り立っている国。韓国もこのグループに仲間入りをするのであろう。

元々、朝鮮民族は戦争にも弱く、いつも他国が朝鮮半島上で戦争を行うとき自国民はまず逃げる事しか考えていなかった。自国を守るために戦うという気概は一切ない。

画像


「セウォル号」の沈没事件でも明らかなように、船長が一番先に逃げて乗船客が多数死んでしまう事態を招いたように、すべてにおいて統制がとれない国である。
なので、今回の火器探査レーダー照射事件についても、当事者である韓国海軍は一言もコメントも発せず、韓国国防省がでたらめを発表し続ける流れとなった。

軍隊として確固たる想いがあれば、今回の件は韓国側がミスを詫び、謝って一件落着となっていたはずだ。

いずれにせよ韓国は、全世界に対して信用を無くしてしまったわけである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック