ポーランド当局、ファーウェイ幹部を逮捕 スパイ容疑

画像

やはり、米国が調査したことは事実であったのか。ファーウェイは世界でスパイ行為をやっている。

中国のIT技術の躍進に目を見張っていたが、その目的は中国共産党・人民解放軍が推進するスパイ行為だ。他国の情報、技術を盗むためなら金に糸目をつけない。中国にはやはり「モラル」というものがないようだ。

画像


ファーウェイ製のスマホを使っている人は、自分の情報が筒抜けであることを承知で使用したほうがよい。その、スマホで会社の機密事項を撮影したり、保存したり絶対しないことである。一般人の個人情報とか内容が知れているが、企業の情報となると重大だ。企業内部の電話番号とか、全部筒抜けで収集されているだろう。


画像

ポーランド情報当局は11日、同国に対するスパイ活動を行っていた疑いで、中国人1人とポーランド人1人を逮捕したと明らかにした。ポーランドの国営テレビによると、中国人は中国通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」の現地支店の幹部で、当局は2人が中国情報機関のために活動していたとみている。

 現地の報道によると、逮捕されたポーランド人はかつて同国の情報機関に所属しており、最近はポーランドの通信会社に勤務していた。同国当局はすでに華為事務所や通信会社などに対する家宅捜索を実施し、関連の文書や電子データなどを押収した。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック