石破茂氏 このタイミングで中国訪問の危険

画像


自民党元幹事長の石破茂氏が12月28、29日両日の日程で中国・北京を訪問する。宋慶齢基金会の王家瑞主席から招待された。王氏のほか要人との会談を調整している。石破派が6日、発表した。
画像

なんでこのタイミングで訪中なのか?折しもファーウェイスパイ疑惑で世界レベルの対応が迫られている大切な時期である。会談する相手は中国共産党の中枢部とはおよそ関係ないと思われる部署であるが、所詮、中国共産党一党独裁国家である。
画像

石破氏側はさして外交実績がない中で、安倍晋三首相と大差をつけられている。ポスト安倍を今ももくろむ石破氏に中国側から白羽の矢が立ったに違いない。
中国とは一線を画すタイミングであるにも関わらず、外交実績を残すために中国の言いなりになって帰ってくるに違いないと予想される。

石破氏に意見具申する賢者はいないものなのか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック