「孔子学院」は諜報機関・中華思想の行動部隊

画像


中国が世界各国の大学に設置していり「孔子学院」は諜報機関であるとの認識が強まってきた。

孔子学院とは

孔子学院(こうしがくいん)とは、中華人民共和国が海外の大学などの教育機関と提携し、中国語や中国文化の教育及び宣伝、中華人民共和国との友好関係醸成を目的に設立した中国政府の機関である。
孔子の名を冠しているが、儒学教育機関ではなく、中国語語学教育である。

中国共産党政府は、2020年までに世界中の1000か所に孔子学院と孔子学級を設置しようとしており、そのために3000人分の奨学金を提供する方針である。

Wikipediaより



日本にある孔子学院

画像


孔子学院・実態

2018年2月13日には、アメリカ連邦捜査局(FBI)のクリストファー・レイ長官が連邦議会上院の情報委員会の公聴会にて、孔子学院がアメリカ国内にて諜報活動やプロパガンダ活動など違法行為を行っている疑いがあり、捜査対象となっていることを証言している。

画像


孔子学院においては、政治、歴史関係の議論は禁止されている。特に台湾、チベットの話題は避けられており、他の話題に差し替えられる。どうしても、話題が出た場合は中国の領土であると説明する。

天安門広場の議論には写真を見せて、美しい建築だと説明をする。

画像



中国の狙いは世界的に有名な「孔子」の名前を使用し、表向きは語学を中心とした学術機関を装う。
狙いは、各国の学生と深く付き合い、中華思想に有利な考え方を流布していくこと。
中国は、長期戦略で考えており、これから世界各国を背負っていく若い学生を、中国に有利な考え方の持ち主に変えていくことだろう。

設置しているのは、一党独裁の中国共産党であり、多額の資金力にものを言わせているということである。
純粋な学生は、そうした中国の深い考えなど知る由もない。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック