テーマ:香港デモ

見過ごしてはいけない チベット―中国による史上最悪の人権侵害

中国によるチベット人に対する虐待が続いている。何やら、遠い国の出来事のように感じるが、現実に起こっている事実であり、 今も続いている。 日本のマスコミはその事実をほとんど報じない。それは、人権侵害というレベルの状況ではなく「拷問・殺人」である。 このような事をしている国「中国」を絶対にゆるしてはいけない。 11分でわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逮捕された16歳の少女、香港警察に集団レイプされ中絶手術受ける

香港で起こっている真実。これは、氷山の一角に過ぎない。 中国共産党は瓦解すべし。 11月初旬から、香港のソーシャルメディアでは、拘留中に警官に輪姦され妊娠した16歳の少女がいるとの情報が流れた。これは、医療関係者の間では「公然の秘密」として知れ渡っているという。警察は事実関係を否定している。香港紙・自由時報が報じた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「中国はウイグル自治区に国連監視団受け入れよ」 英が要求 英米の圧力で中国を封じ込めよ

香港でのデモ隊と中国共産党による取り締まりが報道されているが、以前より新彊ウイグル地区やチベットにおいての、非人道的な取り締まりや拘束などが続いている。 ここにきて、英国よりウイグル自治区に国連監視団を受け入れるよう要求。中国に対し、いよいよ行動するときがきた。 国際社会の関心が高まっている時だけに、中国も今まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港 民主派圧勝も香港行政長官、反発。デモ激化の様相

香港区議選挙において、8割のシェアを占めて圧勝した民主派であるが、香港行政長官は、この結果を参考にはするが市民の要求には応じないと発表した。 一向にデモが収まらない状況下、この行政長官の発言はデモの一層の過激化と継続を産むものとなる。 米国が中国共産党に対して、人権を守った上でのデモの鎮静化を申し入れているが、習近平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国包囲網 EU、5G供給業者の厳格な選定で合意 ファーウェイに打撃

中国のファーウェイ並びにZTEについて、先に米国がスパイ企業として名指ししていたが、EUも正式に両者を5G機器供給業者から選定を排除する方向ですすむ。 中国に関しては、香港、チベットなどでの人権弾圧が進んでおり、世界からの批判も強くなっている。中国共産党による非人道的な一党支配は、世界の世論で粉砕するのが妥当だろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

China共産党が国内で大量生産を急がせていた音響兵器

中国共産党は、かくもこのような恐い兵器を使用しています。 香港の人たちをこのように痛めつける権利が、どこにあるのでしょうか。 https://www.epochtimes.jp/p/2019/09/47680.html この事実があって、殺人鬼・死神China共産党のトップを招くと表明している政府・自由民主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港デモ 日本人の私たちに今できる効果的な事。

香港のデモが続いています。 中国共産党は、多数の逮捕者を香港の収容所に拘置できなくなり、多数の土木建築作業員を招集し、大規模な収容所の建築をさせています。 それどころか、香港外の中国本土へ逮捕者を送り拘留しています。 港在住の日本人のブログより ↓↓↓ 香港の若者たちの声/私たち日本人にできる事。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港、厳戒態勢に入るか

香港のデモに対し、中国共産党が「テロ」の方向と判断し対応しようとしている。一つ状況が進めば香港が一気に中国共産党の支配に陥落する可能性もある。 産経Webより 【北京=三塚聖平、香港=藤本欣也】 中国外務省の耿(こう)爽(そう)報道官は13日の記者会見で、香港で続く反政府の抗議デモについて「絶え間ない大規模な暴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港、混迷 中国共産党は見境なくなってきたな

香港のデモが一層混迷化してきている。武装警察がデモの群衆に混じって何をやっているかわからない。 中国共産党側に殺されたと考えられる不明の死体が上がっている。 15歳少女が全裸の水死体で発見 香港でデモ開始後不審死相次ぐ 香港メディアは11日、先月、発見された全裸の女性の水死体が15歳の女子学生だと報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港警察 ついに一般人に対して実弾発射 瞬間映像

香港のデモが激化している。そして、ついに香港警察は一般市民に向けて実弾を発射した。 香港の自由を守るために、市民が必死に中国共産党勢力と戦っている。このことが将来、台湾へ波及しかねない。 天安門事件の再来となるかもしれません。 銃弾発射の瞬間 左胸をねらう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の横暴に挑む、香港デモシスト アグネス・チョウ記者会見

香港が1999年に英国より中国に返還された当時、中国は一国二制度を堅持すると世界に発信した。 しかしながら、かつての世界の金融マーケットの一つであり繁栄していた香港は、今や中国共産党に取り込まれている。 今回、中国本土への容疑者の移送を可能とする「逃亡犯条例」を強行改正する動きに、香港は大規模なデモを行った。 中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more