テーマ:ファーウェイ

中国の横暴に挑む、香港デモシスト アグネス・チョウ記者会見

香港が1999年に英国より中国に返還された当時、中国は一国二制度を堅持すると世界に発信した。 しかしながら、かつての世界の金融マーケットの一つであり繁栄していた香港は、今や中国共産党に取り込まれている。 今回、中国本土への容疑者の移送を可能とする「逃亡犯条例」を強行改正する動きに、香港は大規模なデモを行った。 中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイに見る、日本国籍乗っ取り(背乗り)産業スパイ

中国によって日本の技術がドンドン搾取され、日本の会社がドンドン業績不振に陥っている。 結果として我々の雇用先が無くなっていく良い例だ。 経営再建中の中小型液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)は12日、月崎義幸社長が業績低迷の責任を取って9月30日付で辞任すると発表した。また、2019年3月期まで5期連続の赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰化人注意 中国 朝鮮 韓国人のスパイ活動を阻止せよ

技術立国日本の存在を脅かす存在は、ファーウェイのように日本や米国の最新技術を搾取し、あたかも自国で開発したかのような措置をする集団である。 日本は、あまりにも情報セキュリティに関して無関心で、外国勢力に甘いため、ドンドン中国・朝鮮・韓国人が中心となって日本に入り込み、技術情報を盗み出している。これらの国は自国では一から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイによる半導体技術窃取は1987年から始まっていた

ファーウェイというスパイ企業。1987年当時、世界最先端を行っていた日本の半導体技術。 米国による、貿易戦争の標的にされた日本が台湾へ技術移転を行った。そこへ、ファーウェイを含む中国企業が介入し、日本の半導体技術の窃取を行った。 当時の窃取だけなら、まだよかったのであるが中国はその後も継続して、その行為を続けている。 日本国民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党 最新IT技術と古典的ハニトラで、他国を掌握

米国、トランプ大統領は実行力のある人だ。とても、わかりやすい。 今回、ファーウェイに対する制裁(=中国共産党に対する制裁)は、気合が入っている。 先の、日米首脳会談でトランプ大統領と長時間、話し合った安倍首相であるが、この情報セキュrヒティ問題で対中国対応についても深く話し合われたと推測される。 日本の企業経営…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国、トランプ大統領のファーウェイつぶしの本気度

米国、トランプ大統領は、ここにきてファーウェイに対し息の根を止める行動に出てきた。中国共産党の直下企業であるファーウェイが、人的にも経済的にも多くのパワーをつぎ込んで5Gの世界覇権を押さえにきている。 トランプ大統領は、これ以上のファーウェイの成長は自国の安全保障上大変危険で、取り返しのつかないこととなると考え、米国の総力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安全保障はすべてに優先する

5月25日令和元年、米国のトランプ大統領が日本を訪問する。日米が緊密な関係を築く必要性は、中国の台頭が影響している。 法的な部分を無視して、その勢力を拡大しファーウェイにおいては中国共産党が中心となり、世界の情報を一手に掌握するために、スパイ行為を繰り返し、勢力を拡大してきている。 国の安全保障や国家機密に関すること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は台湾や東南アジアの国との関係が重要

力にものを言わせる倫理観の無い国、「中国」。年を追うごとにその脅威が増している。 中国の軍事支出は驚異的なスピードで増加している。もはや、米国だけでは抑えられない時代が近い。 日本列島は、沖縄県の島しょ部も含めると中国からの海上展開を抑える働きをしている。反対に言うと、中国から見ると日本列島は邪魔な存在である。加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身の毛もよだつ殺人企業 ファーウェイの口封じ

機密情報を搾取するために、対象者の個人情報を調べ上げてスパイ活動を開始する。それが、果たせなくなると平気で人命を奪ってしまう殺人企業。それが、ファーウェイだ。 ファーウェイに対し批判しているトランプ大統領に対しても、ネガティブなキャンペーンが張られている。 「お母さん、これから毎週電話するよ。でも、もし1週間たっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイは完全に黒 スパイ企業である。

次世代5Gの覇権を狙って世界に展開中の中国であるが、そもそも現在の中国が技術面で他国と比べて優位に立っているのは、他国の国民に巧みに入り込み機密情報を搾取することから成り立っている。 ファーウェイのCFO・孟晩舟が逮捕された事件にしても、多数の偽造パスポートを持ち海外を自由に行き来していた。世界を股にかける大企業の経営者が、偽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国 チャイナモバイルからの通信サービス提供拒否

米国が、中国国有最大手のチャイナモバイルに米国での通信サービス開始申請を却下した。 これにより、米国においてはチャイナモバイル加入者は米国において携帯電話の使用ができず、他社端末をキャリアを利用しなければいけなくなる。 トランプ氏の対中国政策は確固たるものがあって、中国の通信系企業については徹底的に排除の方向である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深田萌絵 ファーウェイの実態と日本政府・企業への叱咤激励

スパイ企業・ファーウェイの実態を熱く語る深田萌絵氏 ファーウェイのこの悪事を止めないと、日本の企業はどんどん中国に取られ、仕事は流れて日本の雇用先は無くなってしまう。 日本政府は、中国に対して正面から反論しないといけない。 そして日本企業は、昔のものつくり日本へ立ち返らなければいけない。 今の日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人 スパイ養成 世界に派遣

中国は、自社で一から製品を開発するような人種ではない。世界各国から情報を盗用して自社製品として売り出す。 米国の大学や企業に来ている中国人は、その大半がスパイと思っていたほうがよい。 中国共産党の一党支配。超監視社会の中で中国人はどう生きていくのか。役人への賄賂、チクリ等正当ではない事をして生活をしている人が多い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンディスプレイ 台湾・中国 傘下へ陥落

ついにジャパンディスプレイが台湾、中国資本の傘下に落ちた。シャープが台湾資本、鴻海に取られたようにジャパンディスプレイも、中台のものとなる。 日本企業は、陥落続き。ファーウェイが米国、日本他の情報を盗み出すだけではなく、会社ごと最終的に乗っ取ってしまう例が続いている。 台湾と中国は政治上は対立して、軍事衝突云々と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本企業は、従業員の物。外資に没収される流れを止めよ。

特に日本の電機メーカーに言えることであるが、「SHARP」のようにブランドが確立している会社が、業績不振で外資の手に渡っている。(台湾の鴻海は中国のファーウェイ(中国共産党))とつながっている話もある。 本当に日本の会社は、ダメになったのだろうか。 よく考えてほしい、日本の技術者は依然として優秀である。しかし、長い間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ製品、危ないのは端末より基地局

ファーウェイは世界各国に、自社の潔白をアピールしているが嘘でしょう。今まで稼いだ大金で、世界中のマスコミを囲い込んでいる様子。 確実に、根元に中国共産党がつながっているので米国をはじめとする情報を抜き取るのはあたりまえ。 携帯キャリアの内、採算の取れない硫黄島に最初に基地局を作ったのは、ドコモではなくソフトバンク。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スパイ防止法の制定を急げ ファーウェイは本当に危険

ファーウェイのCFOがカナダで逮捕されて相当経過した。世界的なスパイ企業と揶揄されているファーウェイ。 さて、日本人の中でその深刻さを真剣に感じている人はいるだろうか。 私なら、仮にファーウェイ製のスマホを買っていたなら、キャリアにクレームをつけて他社製と取り換えさせるだろう。幸い、私のスマホはSHARP製なのである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5Gの勝者が世界の勝者 米国VS中国

ファーウェイ、ZTE等の中国企業の生産品に対し、米国は執拗に世界各国に締め出しの方針を徹底させている。 米国以外の国は、中国の先進化したネット社会に一定の関心を持っている反面、中国共産党という独裁政権の中でモラルのない国が世界の覇権を握ることに対して、危機感を抱いている。 仮に中国が5Gの覇権を握ったならば、世界の通信は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ、贈賄などで「世界21カ国で捜査」

世界各国でファーウェイによる贈賄工作が明らかになっている。個人のみならず国家の中枢に対しても現金攻勢を繰り広げており、アフリカのガーナのように見返りとしてファーウェイに対し1億5000万ドル(約166億円)にのぼる政府の電子プラットフォーム構築プロジェクト契約を与えた。国、そのものを売る行為である。 中国通信機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ周辺にうごめく、殺人組織

ファーウェイによる技術盗用の話、他国の重要人物を篭絡し重要情報を盗みだす出来事は、状況証拠より事実であると強く推測される。 そればかりか、もっと強大な組織による活動が繰り広げられている。 単なる技術盗用、情報搾取であるなら一般人が知恵を絞り、自らの行動に注意することで防御することが可能であるが、こと殺人に関してはプロの領…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイはスパイ企業 Facebook 他SNSも要注意

中国のスパイ行為は日本で氾濫しており、本当にスパイ防止法の制定が必要です。 企業に勤めていて技術の機密情報に携わっているとか、会社を経営している人とかは、必ず中国から監視されているから注意した方がいいです。 自分の行動や、人脈や異性の好みなども詳細に調べ上げて接近してきますから。 最近、妙な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国は米国に本気で喧嘩を売る気なのか

中国、ファーウェイが米国に対し自社製品を禁止したことに対し、提訴する予定だ。 [4日 ロイター] - 中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]は、米国政府が連邦機関に自社製品の使用を禁じたことを巡り、テキサス州東部地区裁判所に提訴する準備を進めている。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が4日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ孟晩舟最高財務責任者 米国へ身柄引き渡し審理へ

スパイ容疑で逮捕され、現在自宅軟禁中のファーウェイ孟晩舟CFOが米国引き渡しに向け動き出した。 中国は、カナダ政府に対して猛攻撃を放っているが本来米国に対してやるべきところ。弱い者いじめでカナダに矛先を向けていた。 しかし、さすがカナダ政府。法にのっとり米国に被疑者の身柄引き渡しへ動いた。 米国へ引き渡された後、数々の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動画サイトTikTok 13歳未満児童の個人情報違法収集

日本でも使用が広がっている動画サイトTikTokであるが、このほど米国で13歳未満児童の違法個人情報収集の件で、罰金6億円が課されたことがわかった。 日本でもはやっているが、これが中国のサイトであると知ってて使用している人は少ないと思う。 個人情報をむやみに収集して個人監視を強めている中国で、あなたの子供の写真を含めた個人情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンディスプレイ(6740)が中国企業に乗っ取られそう

ジャパンディスプレイが中国企業に乗っ取られそうである。 同社は経営再建中で、株価も70円台で推移している。原因として、液晶ほかディスプレイ業界における商品価格の暴落が原因である。 該当会社については、官民出資ファンドである「産業革新機構」の主導により、ソニー・東芝・日立の液晶部門が統合された日の丸企業である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国は巨大スパイ国家

ファーウェイで有名になったスパイ活動であるが、中国は国家ぐるみでスパイ活動を行っている。 こうした活動に米国が特に神経をとがらせており、犯人の逮捕や中国の動きを制している。 中国が今のままの国家運営をするのであれば、米国は本気になって中国をつぶしにかかるであろう。 少なくとも資本主義陣営の国は、米国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ 海外各国へ贈賄

米国がファーウェイ調査に乗り出している。 ファーウェイが海外各国でのシェアを獲得するために、キーマンへの現金攻勢が明らかになってきている。 中国共産党が世界覇権を握るために、全世界へ金をばらまいている構図が明らかになっている。 中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)はアフリカやアジアなど世界21カ国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国も要注意 在留カード スパイ

ファーウェイCFOのパスポート7冊所持にも下を巻いたが、そもそも中国では公的な証書を偽造するのがデフォルト(基本)のようだ。 今月11日、東京入国管理局が強制調査を行ったのは、埼玉県川口市にあるマンションの1室です。発見された偽造在留カードの表面には、再現が難しいとされるホログラムまで施されていた。  また、偽造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイの底力に米国連合は勝利するか

米国の制裁が効いているのは事実。しかし、かつて円高に苦しんで輸出が伸び悩んだ日本が、より良い製品を作って復活したように、ファーウェイは現在の苦境から這い上がるためにあらたなる技術革新を行っている。 米国がなくても自前で自社製品を作り上げ、それが世界最先端製品であればおのずから需要は増える。 スパイ容疑がかかっているが、I…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more