テーマ:ファーウェイ

中国も要注意 在留カード スパイ

ファーウェイCFOのパスポート7冊所持にも下を巻いたが、そもそも中国では公的な証書を偽造するのがデフォルト(基本)のようだ。 今月11日、東京入国管理局が強制調査を行ったのは、埼玉県川口市にあるマンションの1室です。発見された偽造在留カードの表面には、再現が難しいとされるホログラムまで施されていた。  また、偽造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイの底力に米国連合は勝利するか

米国の制裁が効いているのは事実。しかし、かつて円高に苦しんで輸出が伸び悩んだ日本が、より良い製品を作って復活したように、ファーウェイは現在の苦境から這い上がるためにあらたなる技術革新を行っている。 米国がなくても自前で自社製品を作り上げ、それが世界最先端製品であればおのずから需要は増える。 スパイ容疑がかかっているが、I…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国、ファーウェイに対する不当圧力。米へ解除要求。

ファーウェイのスパイ容疑に起因する米国圧力に対して、中国が改めて不当圧力を解除するように要請をしている。ここにきて、米国の圧力がしっかりと中国にダメージを与えてきているようだ。 中国外務省は、ファーウェイを含む中国企業に対し、根拠のない圧力をやめるよう述べ、米国とカナダ政府を強く批判した。 中国のこうした主張に対し、スパイ容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ関連 詳細情報

深田萌絵氏からの情報 ファーウェイは単なる通信スパイではない。正真正銘の巨大国際スパイ組織だ。 シンガポールで軍事転用可能技術を開発していたエンジニアが、ファーウェイにスパイされてることを通報しようたして不審死した。 ホンハイは解放軍から援助を受け、シャープを買収した。ホンハイCEOテリーゴウは、盃兄弟の竹聯幇トッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のIT企業が中国に盗まれている

ファーウェイ・ZTEによる中国IT企業の国家ぐるみのスパイ容疑が、白日の下にさらされてきた。 これは、数年前より米国も情報を収集していたが、先日カナダで逮捕された、ファーウェイのCFO孟晩舟がスパイ容疑により、カナダで逮捕されたことにより、情報が公のものとなった。 中国は頑なに、スパイ容疑を否認しているが、孟晩舟CFO自体が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国のサイバー攻撃で 米最先端技術が流出

中国からのサイバー攻撃が続いている。 自国で新規技術を開発するより、サイバー攻撃により他国のサーバーに入り込み技術を盗むことに力を注いでいる。 中国にそもそも、「モラル」を求めるのが間違いだが、米国のように即座に制裁をかける国でないと対処できないであろう。 企業は今まで以上に、サイバーセキュリティにパワーを注がない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーランド当局、ファーウェイ幹部を逮捕 スパイ容疑

やはり、米国が調査したことは事実であったのか。ファーウェイは世界でスパイ行為をやっている。 中国のIT技術の躍進に目を見張っていたが、その目的は中国共産党・人民解放軍が推進するスパイ行為だ。他国の情報、技術を盗むためなら金に糸目をつけない。中国にはやはり「モラル」というものがないようだ。 ファーウェイ製のスマホを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アップル、インドでiPhone最上位機種を組み立てへ

アップルがインドでのiPhone最上位機種の生産を開始する。 このニュースで予測されるのは、中国からインドへのシフトである。中国での生産はファーウェイ問題で問題が顕在化したように、”中国リスク”が顕在化した。 世界的な中国はずしの流れが出てくる中で、中国共産党は態度をもっと硬化させるであろう。なぜならば、自分たちの地位や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スパイ・HUAWEYのマスコミを使った金銭攻勢が始まる

2018年12月27日 日本経済新聞 全面広告 ファーウェイ危機によるスパイ疑惑について、西側主要国の締め出しが始まりファーウェイ側の危機感が高まっている。早速日本経済新聞への全面広告にて、自社の潔白をアピールするメッセージを掲載した。しかし、全くの嘘である。 西側諸国の観点からみれば、ファーウェイの潔白もあるのかもしれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の技術情報窃取、ハッキング、スパイは紛れもない事実

やはり中国。ファーウェイのスパイ容疑で中国の正当性を主張しているが、日頃やっていることがインチキなので世界の誰も信じない。中国国民は、中国が優秀であり中国の秀逸な技術力、情報力、経済力を恐れている米国が、中国をつぶすためにインチキをやっていると主張しているが、まったくもって何の証拠もなく、反対に技術窃取、スパイ容疑は疑いもない事実で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人ハッカー スパイ行為は中国の国家プロジェクト

米国のネットワーク・セキュリティ企業FireEyeは、中国が他国の企業や政府に対してスパイ活動をするために「一帯一路」プロジェクトを利用しているとの報告書を発表した。 https://jp.sputniknews.com/incidents/201808155232462/ 中国の軍情報機関の将校2人と、ハッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソフトバンクの巨額有利子負債 15兆円に

ソフトバンクの有利子負債負債が巨額になっている。同社における有利子負債は15兆円。桁違いである。 巨額の有利子負債ゆえに株価の大きな重しになっており、市場の判断によっては経営に危険を及ぼす水域になっている。 孫正義氏のその桁外れの才覚によって、いままで企業の買収、売却、統合等ありとあらゆる手を使って同社グループを大きくし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ包囲網拡大

台湾行政院報道官が、ファーウェイ社の活動は制限されると語りました。 台湾と独仏も動き出しました。中国と対抗するには各国の協調が重要です。 イルナー通信によりますと、台湾のコラス・ヨタカ行政院報道官は、中国の通信機器企業の活動は完全には禁止されないだろうとした上で、「政府関連機関は、中国企業の通信機器を使用する権利を持た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンディスプレイ乗っ取りを狙う中国企業

JDI ジャパンディスプレイを中国企業が狙っている。中国は自前での技術開発ができないので、日本の企業を乗っ取り中国国内に取り込む策をとっている。現在のターゲットはジャパンディスプレイである。 ジャパンディスプレイ(以下、JDI)株争奪工作が始まりましたね。 以前から、中国が次に狙ってくる企業でリーチがかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ排除に見る日本社会の流れ

米国のファーウェイ・ZTEの排除方針に端を発した流れは日本企業も追随する流れとなった。中でもファーウェイの依存度が高いソフトバンクが、予想外に早く政府に同調しファーウェイ製品の排除を表明したことである。 ここは、さすが判断が早い孫正義会長兼社長であると感じた。 孫会長も日本の政府方針に逆らうと、その代償が高いと判断したようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5G 覇権を狙うファーウェイ中国対ノキア・エリクソン

(ファーウェイ端末に採用されているHisilicon製の「Kirin」プロセッサ) 米国によるファーウェイ締め出しの流れ。米国はすでにオバマ政権の時よりファーウェイの危険性を把握していた。しかし、中国に宥和政策をとるオバマ大統領は具体的な行動に移さなかった。 トランプ大統領になり、実行力のあるトランプ氏が行動に出た訳である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の通信機器メーカー、監視カメラメーカーに朗報

米国をはじめとする同盟国でのファーウェイ・ZTE製品の排除で、日本企業にチャンスが巡ってきている。 中国が世界で大きなシェアを握っている監視カメラの世界でも、同社製の製品は排除されている。 ここで、日本の監視カメラ製造会社はチャンスである。 米国をはじめとして、監視カメラの需要は大きい。すでに中国製の監視カメラが世界各…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイは単なる通信スパイじゃない

ファーウェイは単なる通信スパイじゃない。 本物の人的スパイネットワークを持った工作活動集団だ。 (上記写真はファーウェイ本社 右も左も同社。広さは東京ドーム42個分) 下記は社員寮 設備は非常に充実している。 ファーウェイで学ぶ各国研修学生 大学教授に技術を移転させ、取引先の技術を盗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ孟晩舟氏もう八つのパスポートが発見された

拘束されたファーウェイ孟晩舟氏7つのパスポートを保有。⇒ファーウェイ孟晩舟氏もう八つのパスポートが発見された。 今日米国は孟氏33回の米国入国記録を公開→複数中国パスポートと複数香港パスポートで米国に出入国、香港の新聞は「中国と香港では複数パスポート同時に保有全くあり得ない、唯一の可能性は中共に許可され特権スパイだ」と言う。やっぱ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ事件 中国在住日本人の安全について

日本政府は、国の関連部署についてファーウェイ及びZTE製の製品を採用することを安全保障上、禁止する方針を決定した。これに対し中国政府は強烈に抗議との意見を出している。 通常の先進国であれば一企業の不正に対して国ぐるみで反対することは稀だが、そこは中国共産党の一党独裁国家である。企業といえども国の機関との見方である。中国は米国と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「犯罪防止」を売り文句に輸出される中国式監視システム

中国通信機器大手のファーウェイの幹部は最近、フィリピンで開かれた商業フォーラムで、人工知能つき監視カメラのシステムをマニラで3年内に導入する用意があると述べた。 中国はお金にものを言わせてアジア諸国の覇権を強固なものに仕上げている。ファーウェイ・ZTEの通信によるスパイ行動のみならず、監視カメラ設置を急いでおり、中国国内でアジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7つの旅券を持つ孟晩舟モンワンジョウ・CFO

ファーウェイの孟晩舟(モンワンジョウ)最高財務責任者。全くもって本物のスパイ顔負けの行動。7つの旅券を必要に応じて使い分けていたらしい。中国旅券4つ・香港旅券3つ。 偽造旅券は中国では珍しくない。 内容が全部違うのか?そもそも、中国では4つも旅券が持てるのか?本人は旅券の応酬を条件に保釈を希望しているらし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石破茂氏 このタイミングで中国訪問の危険

自民党元幹事長の石破茂氏が12月28、29日両日の日程で中国・北京を訪問する。宋慶齢基金会の王家瑞主席から招待された。王氏のほか要人との会談を調整している。石破派が6日、発表した。 なんでこのタイミングで訪中なのか?折しもファーウェイスパイ疑惑で世界レベルの対応が迫られている大切な時期である。会談する相手は中国共産党の中枢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイのスパイ事件は真実 真剣に危機管理を

ファーウェイのスパイ事件に関して米国発の情報発信であり、我々個人レベルではその真偽を体感することはあまりない。しかしながら、同社のスパイ疑惑に関しては2012年より日本でも発覚しており、関係省庁、当局へ通報していた。しかしながら日本は危機管理意識も低く、また「面倒くさい問題」として当局や省庁も深入りを避けてきた経緯がある。今、米国ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイの基地局を採用するソフトバンク

ソフトバンク携帯・端末を持っている人は、将来通信制限を受けるかもしれない。 ファーウェイは通信基地局の世界シェア1位で、すでに66カ国の通信会社向けに約1万件の基地局を出荷している。そこで問題になるのが、ソフトバンクだ。ソフトバンクはファーウェイの基地局を採用しており、同社と5Gの共同開発や実証実験を行っている。 h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ排除は急務 スパイ企業を排除せよ

ファーウェイのCFO逮捕にCFO逮捕を機に、ファーウェイ排除の機運が高まってきた。 同企業については、当初よりスパイ企業であるとの話がついてまわっており、次世代5Gの世界通信規格を狙う中国の要企業である。当然、中国の企業は私企業のような形に移るが内実は中国共産党の国有企業である。 米国とのし烈な情報戦を繰る広げている中で、ファー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国企業をの包囲を強化すべき ファーウェイ ZTE 不正

ファーウェイ副会長兼最高財務責任者がカナダで逮捕された。 中国企業における不正は今に始まったことではないが、中国に対して知的財産権の保護を盾に強硬な態度で臨んでいるトランプ大統領が、一層強硬な態度に臨むきっかけがまたできた格好だ。 日本をはじめとする先進国は、中国のこうした無秩序な行動に制裁を与え、行動を慎んでもらわなければ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more