テーマ:5G

中国、台湾人材3000人引き抜き 半導体強化へ

このニュースは衝撃的だ。 中国は技術は自国で開発せず、他国から盗むものとしている。今回の台湾からの人材3000人引き抜きで、最新技術はほとんど持っていかれる。 日本の半導体の会社も台湾企業に売却したり、合弁会社を作ったりしているので、そのまま中国に流れるというわけだ。 これは、大変なことになりそうである。 htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国包囲網 EU、5G供給業者の厳格な選定で合意 ファーウェイに打撃

中国のファーウェイ並びにZTEについて、先に米国がスパイ企業として名指ししていたが、EUも正式に両者を5G機器供給業者から選定を排除する方向ですすむ。 中国に関しては、香港、チベットなどでの人権弾圧が進んでおり、世界からの批判も強くなっている。中国共産党による非人道的な一党支配は、世界の世論で粉砕するのが妥当だろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危険な5G 殺人兵器になる可能性も

5Gにおいて、中国が世界覇権を握ろうとたくらみ、それに対して米国が阻止に向けて動いている。 今までの4G世界とはレベルが大きく違う5G世界において、世界覇権をどこが握るかによって今までの軍事システム上の優位が、大きく覆ることとなる。 さて、日米貿易戦争に代表されるハイテク分野の情報管理ばかりに目が行っているが、もっと大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファアーウェイのスマホは、ほんの序の口。中国製品の恐るべき事実。

ファーウェイやZTEのスマホのチップにスパイ機能が組み込まれていることや、携帯基地局の機材にもそのような機能があることを、米国に暴かれて西側諸国で使用禁止の流れになっているが、それを大きく上回る脅威が我々の生活の中に容易に入ってきている。 来たる5G時代になってくると、我々の情報社会は容易に中国によって操られ、混乱を招く危険性を大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国、米国、北朝鮮、混迷の時代へ

米国が中国への圧力を強め、中国国内で経済的な停滞と混乱が起きている。世界の市場は中国から東南アジア諸国へ移動している。 今の不安定でカントリーリスクのある中国でなくても、東南アジア諸国での生産が有利となってきている。 それどころか香港では大規模なデモが先鋭化しており、当分続くであろう。 中国共産党は一党独裁体制を維持す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイと中国共産党の野望を描いた映画

ファーウェイと中国共産党の野望を描いたフィクション映画が公開される。 フィクション映画と言いながら、限りなく事実を描写したノンフィクションに近い映画である。 現在の中国に人権という文字はなく、西側諸国や第三国との約束は反故にし世界に覇権を利かせる危険な国となっている。 5Gをめぐる世界への展開は、現在の核兵器をも上回る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5Gの勝者が世界の勝者 米国VS中国

ファーウェイ、ZTE等の中国企業の生産品に対し、米国は執拗に世界各国に締め出しの方針を徹底させている。 米国以外の国は、中国の先進化したネット社会に一定の関心を持っている反面、中国共産党という独裁政権の中でモラルのない国が世界の覇権を握ることに対して、危機感を抱いている。 仮に中国が5Gの覇権を握ったならば、世界の通信は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more