テーマ:武漢肺炎

コロナの感染力が弱いなんて嘘

イタリアの研究によると、新型コロナウイルスが野外の空気中からも検出され、室外でも感染する可能性が指摘されている。 これまで、「三密」と呼ばれる密閉した空間での感染は指摘されていたが、室外でも患者に近づけば感染する場合があるとのことだ。 オランダとベルギーの研究によれば、野外で患者とジョギングなどのスポーツをすることで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<中共肺炎>「中国が生物兵器を開発」国際法律家委員会などが賠償金を要求

米国をはじめ、世界各国で中国に対して賠償も含め包囲網をつくらなければいけない。 人権侵害以上の生物兵器という殺戮兵器で世界を恐怖へ落とし込んだ張本人は中国共産党だ。 【大紀元】 国際人権NGO団体の国際法律家委員会(ICJ)とインド弁護士協会はこのほど、国連人権理事会(UNHRC)に対して、中共肺炎(新型コロナウイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ「終息に1年超」の見方も 拡大速度SARSの360倍

有史以来の未知の疫病となりそうな武漢肺炎。 日本もは爆発的な感染拡大を何とか抑え込んでいるが、世界ベースでみると感染は倍々ゲームで増加し続けている。 また、新型コロナウイルスは感染する過程でその亜種が新規で生まれ、いまや色々なタイプの武漢肺炎ウイルスが蔓延していいる。 収束期を今予測するのは大変難しい状況だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州のウイルス専門家、新型コロナウイルスに「消すことのできない人工的痕跡」

中国で猛威を振るう新型コロナウイルスについて、一部の海外の専門家は、同ウイルスが実験室で人工的に合成されたと指摘した。米ホワイトハウスはこのほど、アメリカの科学者に対して、ウイルスの発生源について調査するよう求めた。 欧州在住の中国出身ウイルス学者・董宇紅氏は2月9日、新唐人テレビの「熱点互動」番組に出演し、新型コロナウイルスが人工的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武漢市の新規感染者0は大ウソ

中共肺炎、武漢市の3月14日の新規感染者は公表の約22倍an style="font-size:large;"> 【大紀元】 大紀元が独自に入手した内部資料では、武漢市における中共肺炎(COVID-19)の新規感染者数が、少なくとも当局の公表した人数の22倍であることが明らかになった。 大紀元は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国はコロナウイルスの責任をとれ

世界を大混乱に陥れている新型コロナウイルス。 中国発症が明らかなこの病気に関して、反省するどころか米国とか他国の責任として、なすりつけようとしている。 一体どれほどの人命を奪い、どれほどの富を収奪したのか。このまま中国共産党を許すわけにはいかないし、こんな国に世界覇権を握らせてはいけない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衛生状態が日本よりはるかに劣悪な中国で、新型コロナ新規感染者数が鈍化しているのは疑問

中国が躍起になって抑え込み政策をしている新型コロナウイルスの新規感染者数であるが、火葬場では24時間体制で「死者」を処理しまくっている。封鎖している武漢では医療の手が回っちないのは明白であり、脱出した武漢市民の数を考慮しても800万人程の市民の多数は、感染していると思われる。 中国政府は国際社会からの厳しい批判を免れるために、感染…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国にバッタの襲来 危険性高まる

武漢肺炎の次に押し寄せるのは大量のバッタの大群だ。 【大紀元】 南アジアで農作物に甚大な被害をもたらした大量のサバクトビバッタが中国に到達する可能性が高まった。中国国家林業草原局は2月27日、緊急通知を発表し、各部門に蝗害(こうがい)拡大防止体制を整備するよう求めた。 国家林業草原局は同日、ウェブサイトに掲載した緊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルス 重症化すると肺に穴が開き呼吸困難に陥る

新型コロナウイルスはインフルエンザに比べると感染力は弱いとされているが、SARSやエイズウイルスなどと同類のウイルスで免疫系に異常をきたす。不幸にも重症化してしまうと肺に穴が開き、呼吸困難に陥ってしまう。 COVID-19はインフルエンザと同じ呼吸器系疾患であり、肺に始まり、肺に終わるとも言える。  通常、感染…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ 武漢肺炎 日本でのパンデミックの可能性大 日本政府の対応の甘さ

日本全国で感染者の報告が広がっている。中国に渡航経験のない人の感染が分かっていることなどから見ると、普段の生活での市中感染の原因が大きい。ということは、実際の保菌者はその10倍近くは最低いる事となる。 そもそも、日本政府は他海外各国が中国からの渡航者をシャットアウトしているのに対し、終始後手にまわり未だ持って団体客を除いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more