テーマ:文在寅

米国を本気で怒らせるつもりの文在寅大統領

もともと北朝鮮出身の文在寅大統領。政治指針は現在の韓国国民の事を考えておらず、ひたすら北朝鮮との統一に走っている。 「統一」という御旗は、実際統一したあとに大規模な混乱(韓国経済が破綻)することなど真剣に考えていないだろう。 朝鮮民族にとって「統一」と言う言葉を出されれば、誰も反対できないのだろう。いわば、言葉遊びだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文在寅大統領の正体

韓国、文在寅が大いなる危機に遭遇している。 同一民族である北朝鮮の金正恩最高指導者には「まれにみる図々しいヤツ」と罵倒され、米国のトランプ大統領は日本を支持し韓国が悪いと批判される。日本は嫌韓が徹底し静かなる無視を継続。 日本が韓国に対してホワイト国からの除外をし、韓国との対話を拒否していることに対して日本の一部マスコミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の態度に米国も不満

文在寅大統領の日米韓にかかわる重要条項に、信じられない判断をしたことに対し、米国のポンペオ氏も苦言を呈している。 韓国の判断の基準は、あくまで反日世論に基づくもので国家の安全とか考えていない。 あるいは、在韓米軍が今後撤退しても日本の軍事上の協力がなくても、やっていけると判断しているのであろう。 すなわち、北朝鮮との国家統…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本を恨むことしか生きがいが持てない民族 日本人は気を付けて下さい。

韓国国民の行動がエスカレートしている。 ホワイト国除外が、通常の国と同じ対応に戻しただけなのに、朝日新聞は「輸出規制」と報道し韓国民は大騒ぎ。 ついに安倍首相を糾弾する、ろうそく集会まで発展している。 糾弾すべきは自国の文在寅大統領のはずなのに。 在韓の日本人は注意を。 【中央日報 日本語版】 ソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国消滅の予感

文在寅という稀代のハチャメチャ大統領のおかげで、韓国経済はガタガタ。北朝鮮にも中国にも格下に見られ、米国にも日本にも見捨てられかけている。 この状況を好機と見る金正恩が、韓国を西側諸国陣営から引きはがそうとしている。 (裏で、中国・ロシアが糸を引いている) 朝鮮民族統一を願う文在寅大統領は自分の立ち位置も見誤って、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全に終わっている文在寅大統領

トランプ氏と文氏との「一対一の会談」は、実質2分間だけだった。トランプ氏が文氏を嫌いだからだ。通訳も入っており、2人が交わした会話は、わずか1分以下。それも、こんなお粗末な内容だった。  トランプ氏「何か言いたいことがあれば、どうぞ」  文氏「近いうちに南北首脳会談を推進するつもりだ」(ニコニコ顔で) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の危機は継続

韓国の嫌日活動がエスカレートする中、中央日報は最近日韓関係を修復すべきとの論調が多くなっている。 韓国経済界は、文在寅大統領の極端な嫌日思想に危機感を抱いている。 しかし、昨年来からの韓国の日本に対する度重なるひどい対応は。日本国民に深い嫌韓感情を刻み付けており、いまさら韓国側が仮にすり寄ってきたとしても、迎え入れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞よりまともな、中央日報報道 文在寅政権拒否か

サヨクであり、偏向報道、ねつ造報道が激しい朝日新聞。日に日にその購読部数が激減している。 それに引き換え、あの韓国「中央日報」の今回の報道。しごく、まとも。 朝日新聞は、そろそろつぶれるのではないか。 一方、韓国であるが文在寅大統領の極端な反日政策で、韓国国内の企業は危機感を抱いている。 文在寅大統領は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文喜相(ムン・ヒサン)国会議長発言

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が日本の天皇陛下に関して無礼な発言をした。 その、開き直りぶりにはあきれるばかりだ。 これが韓国の本質だ。 韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は米ブルームバーグのインタビューで、近く退位する天皇が(元慰安婦の)「おばあさんの手を握り、本当に申し訳なかったと一言言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国からの半導体輸入 他国代替製品へ切り替え検討

日本の大手メーカー(NEC、富士通、パナソニック等)の内、数社が現在韓国から輸入している半導体について、輸入先を韓国ではなく、台湾、米国、中国製製品の輸入に切り替えする動きが出ている。 昨今の韓国の動きが、日本において大きなリスクになるため、韓国への依存度を大幅に減らす方向である。 2019年2月13日、韓国メデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more