テーマ:中国

中国 コロナに続く腺ペストの流行 

武漢肺炎の第二波が流行る中国で、第二の病気が蔓延しようとしている。 黒死病と呼ばれる腺ペストだ。 [ジュネーブ 7日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)の報道官は7日、中国で腺ペスト感染例が報告されていることについて、「十分に制御」されており、高リスクとは考えられない、と述べた。 中国・内モンゴル自治区内のバヤンノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TSMCがファーウェイから新規受注停止

中国の半導体に絡むスパイ策略など、中国を取り巻く闇は深い。しかし、米国の中国包囲網が徐々に効果をあらわすであろう。 台湾積体電路製造(TSMC)が、華為技術(ファーウェイ)からの新規受注を止めたと日経新聞電子版が18日報じた。 米政権が15日にファーウェイに対する事実上の禁輸措置を強化したためとした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国にバッタの襲来 危険性高まる

武漢肺炎の次に押し寄せるのは大量のバッタの大群だ。 【大紀元】 南アジアで農作物に甚大な被害をもたらした大量のサバクトビバッタが中国に到達する可能性が高まった。中国国家林業草原局は2月27日、緊急通知を発表し、各部門に蝗害(こうがい)拡大防止体制を整備するよう求めた。 国家林業草原局は同日、ウェブサイトに掲載した緊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルス 重症化すると肺に穴が開き呼吸困難に陥る

新型コロナウイルスはインフルエンザに比べると感染力は弱いとされているが、SARSやエイズウイルスなどと同類のウイルスで免疫系に異常をきたす。不幸にも重症化してしまうと肺に穴が開き、呼吸困難に陥ってしまう。 COVID-19はインフルエンザと同じ呼吸器系疾患であり、肺に始まり、肺に終わるとも言える。  通常、感染…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルスは何度でも感染する 抗体ができない 免疫力を高めておくしかない

新型コロナウィルスに感染しても抗体ができず何度も感染してしまう。だから、自らの免疫を高めておくしかない。 手洗いを徹底して極力清潔にしておくこと。睡眠と栄養を取ること。人込みに行かない事。 中国で新型コロナウイルスの感染から回復した人が、再び感染したことが明らかになった。 中国・四川省で新型コロナウイルス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国 武漢 細菌研究所とバイオハザード

中国政府が武漢を封鎖した対応。生ぬるい日本の対応に比べると徹底した対応ととらえた方も多いだろう。 しかし、裏の事情を知るとそれは恐ろしい事態が進行しているかもしれない恐れが出てきた。 武漢にエボラウイルスをはじめとする最高に危険度の高いウイルス研究所が存在していたのである。 中国がただ、何の目的もなくこのような危険な研究をする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国、新型コロナウイルス肺炎ニュース 情報遮断

中国で新型コロナウイルスによる肺炎が流行っている。 先般、日本においても中国で感染し日本に入国した中国人が発見されたが、中国では数千人規模で流行っている。 そればかりか、中国当局は自国での感染情報を遮断しており、じつはもっと大規模に蔓延している可能性がある。 【北京=三塚聖平】 中国中部の湖北省武漢市当局は1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国がヤバい事してます。(注:グロ)新種の創作のため、受胎後4日目に4千匹の豚の胎児内で猿の細胞の培養

中国で初 豚と猿のハイブリッドが誕生 ホント、中国は倫理観ないわ。こんな国が世界覇権握ったら世界は終わる。 中国で世界ではじめてとなる豚と猿のハイブリッド種が誕生した。「Metro」が報じた。実験は、移植のために動物の体内で人間の器官を培養するプログラムの一環として実施された。 この「子豚」は豚と猿の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

王毅外相「THAAD解決しなければ習主席訪韓ない」

韓国、文在寅大統領が米国と中国という超大国から強烈な圧力をかけられている。 まあ、八方美人でナルシストである文在寅大統領自身が蒔いたタネなんだけどね。 韓国与党代表に「敏感な問題の処理を」 大統領・長官・与党代表にまで1泊2日の訪韓期間中「THAAD解決」要求 中国の王毅・外交担当国務委員兼外相が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼畜 中国 広州で道路陥没 当局、落下した3人助け出さずセメント注入

中国広東省広州市で12月1日、地盤沈下による道路の崩落が発生した。通過した2車両が落下した。車両のなかにいた3人の生死は不明だが、当局は救出せず、当日中に陥没部分にセメントを注入した。被害者の家族は、市政府庁舎前で抗議活動を行っている。 1日午前9時半ごろ、広州大通り北与禺東西路の交差点に突然、道路が陥没して幅数メートルもの大穴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国で北朝鮮の若い少女たちが性奴隷として働かされている なんと9歳の少女も

中国と言う国は本当に闇の深い国である。中国北東部の外国人労働者の多い地域で、北朝鮮からの若い女性が性奴隷として働かされている。 人身売買をおこなっている北朝鮮もひどい国であるが、それを見過ごしている中国や韓国もひどい。 ckquote> 中国で性労働者として強制的に働かされている北朝鮮の女性は数千人規模に上り、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最新の強襲揚陸艦を配備 米海軍、長崎・佐世保基地

日本周辺がきな臭い動きになっている。香港デモ、ウイグル、チベットを力ずくで押さえつけようとする中国の動き。北朝鮮の相次ぐミサイル発射。中国、北朝鮮にすり寄る韓国。何が起きてもおかしくない状況である。 ここにきて在日米軍も、軍備増強をしている。日本はうかうかしていられないぞ。 米海軍は6日、佐世保基地(長崎県佐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国、台湾人材3000人引き抜き 半導体強化へ

このニュースは衝撃的だ。 中国は技術は自国で開発せず、他国から盗むものとしている。今回の台湾からの人材3000人引き抜きで、最新技術はほとんど持っていかれる。 日本の半導体の会社も台湾企業に売却したり、合弁会社を作ったりしているので、そのまま中国に流れるというわけだ。 これは、大変なことになりそうである。 htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本とインド、初の戦闘機訓練へ 安保協力強化、中国意識

在韓米軍撤退と中国の軍事的脅威に、日本は本気で備える準備をしている。 日本海、南シナ海へドンドン進出してくる中国を封じ込めるためには、インドとの協力が欠かせない事となる。 インドは人口こそ多いが、軍事統制的にはまだ訓練が必要なレベルであるが、日本との共同訓練でレベルアップが図れる。 【ニューデリー共同】インド訪問中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国のIT覇権が世界を支配する⁉︎ 恐ろしき中国に警戒すべし

中国のIT技術は我々の想像を超えている。 スパイ防止法もない日本。日本の半導体技術など平気で中国に売り払う日本。野党は「桜を見る会」で大騒ぎして、マスコミもその程度の報道しかしていない日本。 これは、日本にも入り込んでいる中国の驚くほど多数のエージェントが入り込んでいて、日本を村社会に追い込んでいる。 平和ボケして、政治レベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国で驚異的な感染力の肺ペストが発生

中国・北京市で肺ペストが発生した。感染力は通常のペストより感染力が著しく強く、感染後24時間~72時間で死に至る危険がある。 発生患者は2人。人口が多い中国だけに一旦流行すると大変なことになる。 当局によれば、患者らは同国北部の内モンゴル(Inner Mongolia)自治区の出身で、現在は北京市内の病院で治療を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国包囲網を急げ

中国という共産党一党独裁国家は危険だ。まともにこの国と取引を使用としても、中国国内企業がすべて国がバックアップしており、 反対に外国企業は全部排除していこうという考えだから困る。 技術は自ら開発せず、他国の物を盗みそれを自国ですべて生産してしまう。他国が多額の費用と時間をかけて開発したものを盗んでいく。 これが中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファアーウェイのスマホは、ほんの序の口。中国製品の恐るべき事実。

ファーウェイやZTEのスマホのチップにスパイ機能が組み込まれていることや、携帯基地局の機材にもそのような機能があることを、米国に暴かれて西側諸国で使用禁止の流れになっているが、それを大きく上回る脅威が我々の生活の中に容易に入ってきている。 来たる5G時代になってくると、我々の情報社会は容易に中国によって操られ、混乱を招く危険性を大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人は監視しておかないと、悪い事をする。

中国人は、自分を律することができないらしい。倫理観が欠如しているというか、国民全体が昔からそうだから仕方ないのか。 いずれにせよ、中国人に接するときはそのことを頭に入れておいて接しないと後で痛い目に合う。 国際的な紛争においても、中国人を安易に信じたために後で命取りになることが多い。 米証券取引委員会(SEC)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の産業空洞化。中国の狡猾な計画を見過ごすな。

かつての日本は、優良企業が多数あった。国内の優秀な企業が優れた製品を作り海外に輸出をし、外貨を獲得してきた。 ゆえに、日本は国民は豊かになり現に豊かさを感じていた。給料も右肩上がりで上がっていった時代である。 さて、今はどうか。 給料は右肩上がりどころか、派遣社員の増大によって働いても働いても豊かになれない国民が増えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾を応援します

中国の恫喝に真っ向から反対する台湾。中国が台湾と言う地を狙っているのは明確で、手に入れたら最後。チベットや新彊ウイグル地区のように住民に対して監禁、拷問も辞さない対応をして中国共産党の独裁下に治めることは明白。 台湾は、国際社会にできるだけ自分たちの独立を広くアピールし、国際世論の同意を得ることがよいだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日・仏・印・豪での中国包囲網

中国の海洋における横暴に対し、フランスのマクロン大統領が日・仏・印・豪での中国包囲網を提唱している。 中国は、台湾を武力をもってしても自国の領土として支配することを公言しているが、フランスは台湾海峡を「航行の自由」を盾にフリゲート艦・パンでミエールで航行している。中国はこれに対し強い抗議をしているが、あくまで台湾は中国の一部で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は、インド、フィリピン外交を強化せよ

日本を取り巻く環境は大きく変化している。そこには、中国の存在が大きい。 中国は国際ルールを守らず他国の排他的経済水域の島を軍事力によって占拠し、軍事基地をどんどん建設している。 以前あった、在フィリピン米軍基地が撤退した翌年から、中国が同海域の島を占拠し始めたのだからフィリピンにとって米軍の対中国に対する抑止力は絶大だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の横暴に挑む、香港デモシスト アグネス・チョウ記者会見

香港が1999年に英国より中国に返還された当時、中国は一国二制度を堅持すると世界に発信した。 しかしながら、かつての世界の金融マーケットの一つであり繁栄していた香港は、今や中国共産党に取り込まれている。 今回、中国本土への容疑者の移送を可能とする「逃亡犯条例」を強行改正する動きに、香港は大規模なデモを行った。 中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイに見る、日本国籍乗っ取り(背乗り)産業スパイ

中国によって日本の技術がドンドン搾取され、日本の会社がドンドン業績不振に陥っている。 結果として我々の雇用先が無くなっていく良い例だ。 経営再建中の中小型液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)は12日、月崎義幸社長が業績低迷の責任を取って9月30日付で辞任すると発表した。また、2019年3月期まで5期連続の赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G20のリングに上がる習近平とトランプ

G20が6月28・29日、大阪で開催される。 仮に習近平氏がG20に不参加であれば、米国は新たに追加関税を発動するとトランプ氏は明言した。 すでに、今までの対中国に対する関税措置で中国に展開している外国企業は、その生産拠点を次々とベトナムやインドネシア、タイなどに移転している。 米国の追加関税措置が新たに決まる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰化人注意 中国 朝鮮 韓国人のスパイ活動を阻止せよ

技術立国日本の存在を脅かす存在は、ファーウェイのように日本や米国の最新技術を搾取し、あたかも自国で開発したかのような措置をする集団である。 日本は、あまりにも情報セキュリティに関して無関心で、外国勢力に甘いため、ドンドン中国・朝鮮・韓国人が中心となって日本に入り込み、技術情報を盗み出している。これらの国は自国では一から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイによる半導体技術窃取は1987年から始まっていた

ファーウェイというスパイ企業。1987年当時、世界最先端を行っていた日本の半導体技術。 米国による、貿易戦争の標的にされた日本が台湾へ技術移転を行った。そこへ、ファーウェイを含む中国企業が介入し、日本の半導体技術の窃取を行った。 当時の窃取だけなら、まだよかったのであるが中国はその後も継続して、その行為を続けている。 日本国民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more