テーマ:中国

中国の景気後退と韓国経済の泥沼化

中国の景気後退が明らかになっている。中国に進出している韓国企業は、大規模な撤退を余儀なくされている。 ニュースでは、韓国が米軍に対して米軍の新型迎撃ミサイルTHAAD(サード)の配備用地を提供した事で、中国が不買運動等制裁を発動し、韓国企業が業績不振に陥ったと報道があるが、理由は本件だけではないと推定できる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国産車に有毒物質か 白血病などの健康被害が続出

さすが、中国産。中国ブランドの恐さがまた露呈した。中国産車から有毒物質が発生。健康被害が続出している。中国当局は、同報道を情報封鎖を使って火消しをしている状況。 中国は、信用ならない国である。ばれなければいい感覚。中国産を購入する場合は、リスクを考えたうえで購入を考えた方がよい。 中国北京市や山東省などの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文明国家ではない中国 人権感覚無し ウイグル族強制収容

経済的には成長している中国であるが、文化的には低俗な国家である。チベット、ウイグル地区での地元民に対する人権弾圧、拷問が強化されており中国共産党に反する動きは徹底的に痛めつけられる。 このような国が世界の覇権を握るとどういうことになるか考えるだけで怖くなる。 米国務省は13日、2018年版の国別人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5Gの勝者が世界の勝者 米国VS中国

ファーウェイ、ZTE等の中国企業の生産品に対し、米国は執拗に世界各国に締め出しの方針を徹底させている。 米国以外の国は、中国の先進化したネット社会に一定の関心を持っている反面、中国共産党という独裁政権の中でモラルのない国が世界の覇権を握ることに対して、危機感を抱いている。 仮に中国が5Gの覇権を握ったならば、世界の通信は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイはスパイ企業 Facebook 他SNSも要注意

中国のスパイ行為は日本で氾濫しており、本当にスパイ防止法の制定が必要です。 企業に勤めていて技術の機密情報に携わっているとか、会社を経営している人とかは、必ず中国から監視されているから注意した方がいいです。 自分の行動や、人脈や異性の好みなども詳細に調べ上げて接近してきますから。 最近、妙な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国は米国に本気で喧嘩を売る気なのか

中国、ファーウェイが米国に対し自社製品を禁止したことに対し、提訴する予定だ。 [4日 ロイター] - 中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]は、米国政府が連邦機関に自社製品の使用を禁じたことを巡り、テキサス州東部地区裁判所に提訴する準備を進めている。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が4日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ孟晩舟最高財務責任者 米国へ身柄引き渡し審理へ

スパイ容疑で逮捕され、現在自宅軟禁中のファーウェイ孟晩舟CFOが米国引き渡しに向け動き出した。 中国は、カナダ政府に対して猛攻撃を放っているが本来米国に対してやるべきところ。弱い者いじめでカナダに矛先を向けていた。 しかし、さすがカナダ政府。法にのっとり米国に被疑者の身柄引き渡しへ動いた。 米国へ引き渡された後、数々の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィリピンにおける米国の存在誇示 対中国

中国による南沙諸島周辺での造島、中国海軍の領海、領空侵犯が盛んである。こうした行為を許さない米国がフィリピンにおける防衛について確固たる意志を表明している。 [マニラ 1日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は1日、フィリピンに対し、同国が南シナ海で攻撃を受ければ米国が防衛すると約束した。国務長官は米朝首脳会談後に訪れたマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動画サイトTikTok 13歳未満児童の個人情報違法収集

日本でも使用が広がっている動画サイトTikTokであるが、このほど米国で13歳未満児童の違法個人情報収集の件で、罰金6億円が課されたことがわかった。 日本でもはやっているが、これが中国のサイトであると知ってて使用している人は少ないと思う。 個人情報をむやみに収集して個人監視を強めている中国で、あなたの子供の写真を含めた個人情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子決済サービス アリペイに見る個人情報拡散

中国、アリババグループのアリペイに代表されるように中国では電子決済サービスが浸透している。 スマホさえあれば、スーパーで食料品を買って日本のようにレジに並ばないでも瞬時に決済出来てしまう。外食時も簡単に注文し支払いできてしまう。 流れを見れば大変便利で、今後世界に広まっていく流れである。現金志向が強い日本では、旧来の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐ろしき中国共産党国家

国連で度々問題になっている中国共産党の民族弾圧。新彊ウイグル、モンゴル、チベット民族に対しての拷問の話も飛んできている。 現在中国は、防犯カメラ等による監視社会が確立されているが、上記民族に対してもDNAデータベースを収集している。 米国の生体研究大手サーモフィッシャー(Thermo Fisher)は21…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮大化けの予感

ベトナムでの米朝首脳会談を迎える北朝鮮は今後大化けする可能性を秘めている。 今でこそ、国際社会において経済制裁を科されて経済状態が疲弊している状況であるが、トランプ大統領のさじ加減によって、北朝鮮は大化けする可能性を秘めている。 その可能性とは北朝鮮に眠る地下資源だ。 ソウル聯合ニュース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豚肉加工品からアフリカ豚コレラ 中国有名企業10数社

日本で、豚コレラに感染した豚の処理が数万頭単位で行われているが、中国では大変なことが起こっている。 河南省鄭州市に本社を置く食品メーカー、三全食品が生産する豚肉入り冷凍水餃子から、アフリカ豚コレラ(ASF)のウイルス遺伝子が検出されたと中国紙、新京報が15日に報じた。また、他の豚肉加工品メーカー10数社の製品からも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の没落と日本の浮上

韓国経済が、大きく崩壊している。日本企業、米国企業が韓国から手を引き始めており、自国サムスンも中国経済の失速で大きく業績を落としている。 文在寅大統領が、北朝鮮によりそう形で韓国を導いていることから、今後韓国に投資する日本企業はいなくなる方向である。 韓国の国際流通港である釜山港などの役割は、日本の横浜港や名古屋港が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国・韓国との領有権争いには、憲法改正が急務

ファーウェイに代表されるような、サイバーの世界での覇権を狙う中国と、実世界である領土における覇権を狙う中国。どちらにおいても、中国の脅威は増大している。 領土問題においては、中国本土ではチベット、ウイグル、モンゴル等元々自治区だったところへ中国共産党が強く介入。人権弾圧や拷問など力ずくで自国の制度を強制し、共産国家を拡大してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

油断ならない中国の軍拡

中国がインド国境からわずか50kmの地点に地下施設を建設していることが、衛星写真から判明した。 地下施設は2016年12月から始まっており、建設速度は遅いとのこと。その、理由に高い機密性を保ち、現地人ではなく派遣特別要員による建設が行われているからではないかと見られている。 中国に近く、人口が多いインドに対して将来にらみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米企業が中国に人工衛星を販売することは禁止

表題の件は当たり前のことだが。当たり前のことが、危うく情報が洩れようとしていた。 【ニューヨーク時事】12日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、中国政府系企業から資金を受けたとされる米新興企業と米航空機大手ボーイングが結んだ人工衛星の供給契約について、米証券取引委員会(SEC)が調査していると報じた。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国のサイバー攻撃で 米最先端技術が流出

中国からのサイバー攻撃が続いている。 自国で新規技術を開発するより、サイバー攻撃により他国のサーバーに入り込み技術を盗むことに力を注いでいる。 中国にそもそも、「モラル」を求めるのが間違いだが、米国のように即座に制裁をかける国でないと対処できないであろう。 企業は今まで以上に、サイバーセキュリティにパワーを注がない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アップル、インドでiPhone最上位機種を組み立てへ

アップルがインドでのiPhone最上位機種の生産を開始する。 このニュースで予測されるのは、中国からインドへのシフトである。中国での生産はファーウェイ問題で問題が顕在化したように、”中国リスク”が顕在化した。 世界的な中国はずしの流れが出てくる中で、中国共産党は態度をもっと硬化させるであろう。なぜならば、自分たちの地位や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加速する中国の違法ハッキング行為

中国の違法ハッキング行為が加速している。中国は他国に対するハッキングを国を挙げて支援しており大きな脅威となっている。 中国国家安全省による指令に基づいて活動しているとみられるハッカーらが、いずれも米テクノロジー企業であるヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)とIBMのネットワークをハッキングした後、入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国には規制強化で対抗がよし

一般的な良識となっているのが、いわゆる「規制緩和」。しかしながら、今の世界情勢をみれば自国の利益を守るためには「規制強化」が良しとするケースが多くなる。 理由は簡単、中国の存在である。 ドイツでも中国警戒論=外資規制を大幅強化  【ベルリン時事】米国が知的財産権侵害などを問題視して中国に「貿易戦争」を仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京オリンピック クラウドシステム 中国アリババが受注

東京オリンピックのネットワーククラウドシステム。なんと、中国のアリババが受注することが決定している。 本来であれば国内企業が受注すべきであるが、経済産業省の人脈が動き、よりによって中国のアリババに決定してしまったらしい。アリババはオリンピックのスポンサーでもあるが、よりによって中国企業に受注させるとは空いた口がふさがらない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国、瀬取り監視のカナダ機妨害 日豪などにも迷惑行為

もはや、ここまでくると身勝手な迷惑国家。国際社会に逆行するモラルのない国である。 カナダのCP140哨戒機が北朝鮮の洋上での密輸取引(瀬取り)を監視していたところ、中国空軍機がカナダ機の進路を妨害した。 カナダ軍のジョナサン・バンス参謀総長によると、現場は朝鮮半島沖の”公海上”で発生。カナダ機の進路を妨害した上、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危険な国家 中国 サイバー攻撃に明け暮れる人民

ファーウェイのスパイ疑惑で驚いてはいけない。また、目に見えないものなので実感がわかないのかもしれない。中国という国家は目的のためには手段を選ばない国家である。これは、中国国民個人においても総じて同じことが言える。人が見ていなければ平気で悪いことをする。 昨今の中国の発展した街並みや、IT化された社会を見聞きすると何かすごい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「孔子学院」は諜報機関・中華思想の行動部隊

中国が世界各国の大学に設置していり「孔子学院」は諜報機関であるとの認識が強まってきた。 孔子学院とは 孔子学院(こうしがくいん)とは、中華人民共和国が海外の大学などの教育機関と提携し、中国語や中国文化の教育及び宣伝、中華人民共和国との友好関係醸成を目的に設立した中国政府の機関である。 孔子の名を冠しているが、儒学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の技術情報窃取、ハッキング、スパイは紛れもない事実

やはり中国。ファーウェイのスパイ容疑で中国の正当性を主張しているが、日頃やっていることがインチキなので世界の誰も信じない。中国国民は、中国が優秀であり中国の秀逸な技術力、情報力、経済力を恐れている米国が、中国をつぶすためにインチキをやっていると主張しているが、まったくもって何の証拠もなく、反対に技術窃取、スパイ容疑は疑いもない事実で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は専守防衛からはずれたのか

日本政府が18日、「防衛計画の大綱(防衛大綱)」と「中期防衛力整備計画」(中期防)を閣議決定した。防衛大綱は約10年後を眺めた安保政策の基本指針であり、中期防は今後5年間の装備調達計画だ。 「安倍首相は専守防衛路線を逸脱している。」中国からの猛烈な抗議だけでなく国内においても、その意見は大きい。 しかし、である。隣国中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 急激に増す中国の軍事力

昨今の中国経済の伸びにより、その軍事力も急激に増大している。10年前であれば、中国の軍備内容は内容的に日本に及ばなかったが現在は、最新鋭機の内容や軍事予算において大きく日本を超えている。 「専守防衛」を旗印に、日本国内では防衛予算の増大に懸念を示す政党や国民が多いが、対中国との関係において内容を知ると日本は本腰を入れて防衛力拡充に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ包囲網拡大

台湾行政院報道官が、ファーウェイ社の活動は制限されると語りました。 台湾と独仏も動き出しました。中国と対抗するには各国の協調が重要です。 イルナー通信によりますと、台湾のコラス・ヨタカ行政院報道官は、中国の通信機器企業の活動は完全には禁止されないだろうとした上で、「政府関連機関は、中国企業の通信機器を使用する権利を持た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more