テーマ:中国スパイ

格安の中国製「防犯カメラ」にバックドア 検査なくネット通販で世界に輸出

やはり、中華製。安きに流れ情報搾取の危機として世界へ防犯カメラをネットで販売。 中国国内だけではなく、国外の人物の顔認証システムでのマッチングを目指そうとしている。 若い女性に人気の動画配信アプリのTikTokも中華アプリだが、中国が情報収集のために拡散しているアプリだ。若い女性は何も考えないで使っているが、顔情報とか何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府は中国に日本を売り飛ばす気か?‼ 「スマートシティ大阪へソフトバンクと連携」

本当に大阪府はろくな事をしないなあ。 5Gとソフトバンク=中国にべったり じゃないか。 大阪府を拠点にして、日本の機密情報や高度技術情報、日本国民のプライバシー全部、持っていかれるぞ!! 役人は危機管理能力「ゼロ」だな。 東京と無理に張り合おうとしてまた、失敗する気だ。今度のは、取り返しのつかない失敗だな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【シェアお願い!】台湾暴力団「青幇」と軍事技術を巡る全面戦争へ #深田萌絵

中国に関係する台湾暴力団「青幇」(チンパン)と軍事技術を巡る戦いをしている深田萌絵さん。 数々の嫌がらせや、危険に今までも会っています。 日本の先進技術を盗み取るスパイ組織でもあります。 どうぞ可能な限りシェアお願い致します。 2019/12/09 15:19 【シェアお願い】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国系動画投稿アプリ「TikTok」中国に個人情報転送 中国製危ないって!!

12月2日、中国系動画投稿アプリ「TikTok」(ティックトック)が個人情報を中国のサーバーに転送しているとして、米カリフォルニア州の大学生が集団訴訟を起こした。写真はサラエボで11月撮影(2019年 ロイター/Dado Ruvic) [サンフランシスコ 3日 ロイター] - 中国系動画投稿アプリ「Tik…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルギーに中国スパイ暗躍、ブリュッセル足掛かりに欧米を狙う

中国人は全世界どこにいってもいるが、スパイまでもがはびこっている。 今回はベルギーのブリュッセルに250人もの中国人スパイを配し、欧州の諜報活動をしているとのニュースだ。 米国が、ファーウェイに代表されるように中国のスパイ関与阻止に力を入れている理由が、またひとつ露呈された。 「250人の中国人スパイ」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豪州亡命の中国元スパイ、「台北101に諜報拠点」暴露

豪州亡命の中国元スパイが、機密情報を暴露している。 元NSA、CIAの情報局員であったスノーデン氏のように米国の情報を持って、ロシアに滞在している事件を彷彿とさせる事件だ。 NSA、CIAの諜報活動もスパイ映画さながらであるが、今の中国は世界の情報覇権を握ろうと国家ぐるみで邁進しており、その実態暴露は西側のみならず、ロシアなども興味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国企業に電力網を握られているフィリピン。政府の意向で送電が停止するリスク 中国とかかわるとろくなことない。

ファーウェイとかZTEとか、とにかく中国の企業は下心があって外国に投資事業をしている。 知らぬ間にライフラインとか首根っこを押さえられて、国ごと乗っ取られる。 (CNN) フィリピンの電力供給網は中国政府の支配下にあり、紛争の際には遮断される可能性があるという議員向けの内部報告書の存在が明らかになった。 中国の送電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンディスプレイ(6740)が中国企業に乗っ取られそう

ジャパンディスプレイが中国企業に乗っ取られそうである。 同社は経営再建中で、株価も70円台で推移している。原因として、液晶ほかディスプレイ業界における商品価格の暴落が原因である。 該当会社については、官民出資ファンドである「産業革新機構」の主導により、ソニー・東芝・日立の液晶部門が統合された日の丸企業である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国は巨大スパイ国家

ファーウェイで有名になったスパイ活動であるが、中国は国家ぐるみでスパイ活動を行っている。 こうした活動に米国が特に神経をとがらせており、犯人の逮捕や中国の動きを制している。 中国が今のままの国家運営をするのであれば、米国は本気になって中国をつぶしにかかるであろう。 少なくとも資本主義陣営の国は、米国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人ハッカー スパイ行為は中国の国家プロジェクト

米国のネットワーク・セキュリティ企業FireEyeは、中国が他国の企業や政府に対してスパイ活動をするために「一帯一路」プロジェクトを利用しているとの報告書を発表した。 https://jp.sputniknews.com/incidents/201808155232462/ 中国の軍情報機関の将校2人と、ハッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ包囲網拡大

台湾行政院報道官が、ファーウェイ社の活動は制限されると語りました。 台湾と独仏も動き出しました。中国と対抗するには各国の協調が重要です。 イルナー通信によりますと、台湾のコラス・ヨタカ行政院報道官は、中国の通信機器企業の活動は完全には禁止されないだろうとした上で、「政府関連機関は、中国企業の通信機器を使用する権利を持た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンディスプレイ乗っ取りを狙う中国企業

JDI ジャパンディスプレイを中国企業が狙っている。中国は自前での技術開発ができないので、日本の企業を乗っ取り中国国内に取り込む策をとっている。現在のターゲットはジャパンディスプレイである。 ジャパンディスプレイ(以下、JDI)株争奪工作が始まりましたね。 以前から、中国が次に狙ってくる企業でリーチがかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5G 覇権を狙うファーウェイ中国対ノキア・エリクソン

(ファーウェイ端末に採用されているHisilicon製の「Kirin」プロセッサ) 米国によるファーウェイ締め出しの流れ。米国はすでにオバマ政権の時よりファーウェイの危険性を把握していた。しかし、中国に宥和政策をとるオバマ大統領は具体的な行動に移さなかった。 トランプ大統領になり、実行力のあるトランプ氏が行動に出た訳である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイは単なる通信スパイじゃない

ファーウェイは単なる通信スパイじゃない。 本物の人的スパイネットワークを持った工作活動集団だ。 (上記写真はファーウェイ本社 右も左も同社。広さは東京ドーム42個分) 下記は社員寮 設備は非常に充実している。 ファーウェイで学ぶ各国研修学生 大学教授に技術を移転させ、取引先の技術を盗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ孟晩舟氏もう八つのパスポートが発見された

拘束されたファーウェイ孟晩舟氏7つのパスポートを保有。⇒ファーウェイ孟晩舟氏もう八つのパスポートが発見された。 今日米国は孟氏33回の米国入国記録を公開→複数中国パスポートと複数香港パスポートで米国に出入国、香港の新聞は「中国と香港では複数パスポート同時に保有全くあり得ない、唯一の可能性は中共に許可され特権スパイだ」と言う。やっぱ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ事件 中国在住日本人の安全について

日本政府は、国の関連部署についてファーウェイ及びZTE製の製品を採用することを安全保障上、禁止する方針を決定した。これに対し中国政府は強烈に抗議との意見を出している。 通常の先進国であれば一企業の不正に対して国ぐるみで反対することは稀だが、そこは中国共産党の一党独裁国家である。企業といえども国の機関との見方である。中国は米国と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「犯罪防止」を売り文句に輸出される中国式監視システム

中国通信機器大手のファーウェイの幹部は最近、フィリピンで開かれた商業フォーラムで、人工知能つき監視カメラのシステムをマニラで3年内に導入する用意があると述べた。 中国はお金にものを言わせてアジア諸国の覇権を強固なものに仕上げている。ファーウェイ・ZTEの通信によるスパイ行動のみならず、監視カメラ設置を急いでおり、中国国内でアジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国から多額の資金を受け工作に取り込まれる毎日新聞

英ガーディアン紙によると、中国共産党が自国に有利になるように海外のメディアに資金提供を行い、情報工作を行っていると報じ、日本では「毎日新聞」がその役割をしているとの事だ。 ネットの普及で新聞業界は青色吐息。お金は口から手が出るほど欲しい。毎日新聞は、日本の国益を捨てジャーナリストの精神まで捨て中国の言うとおりにプロパガンダを行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7つの旅券を持つ孟晩舟モンワンジョウ・CFO

ファーウェイの孟晩舟(モンワンジョウ)最高財務責任者。全くもって本物のスパイ顔負けの行動。7つの旅券を必要に応じて使い分けていたらしい。中国旅券4つ・香港旅券3つ。 偽造旅券は中国では珍しくない。 内容が全部違うのか?そもそも、中国では4つも旅券が持てるのか?本人は旅券の応酬を条件に保釈を希望しているらし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石破茂氏 このタイミングで中国訪問の危険

自民党元幹事長の石破茂氏が12月28、29日両日の日程で中国・北京を訪問する。宋慶齢基金会の王家瑞主席から招待された。王氏のほか要人との会談を調整している。石破派が6日、発表した。 なんでこのタイミングで訪中なのか?折しもファーウェイスパイ疑惑で世界レベルの対応が迫られている大切な時期である。会談する相手は中国共産党の中枢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイのスパイ事件は真実 真剣に危機管理を

ファーウェイのスパイ事件に関して米国発の情報発信であり、我々個人レベルではその真偽を体感することはあまりない。しかしながら、同社のスパイ疑惑に関しては2012年より日本でも発覚しており、関係省庁、当局へ通報していた。しかしながら日本は危機管理意識も低く、また「面倒くさい問題」として当局や省庁も深入りを避けてきた経緯がある。今、米国ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more