テーマ:韓国・朝鮮

韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について

ついに、わが国防衛省が火器探査レーダー照射を受けての韓国側との交渉が、これ以上困難であるとの見解を断言した。 平成31年1月21日 防衛省 昨年12月20日(木)に発生した韓国海軍駆逐艦から海上自衛隊第4航空群所属P-1哨戒機(厚木)への火器管制レーダーの照射された件について、日本側が有する客観的事実を取りまと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の恣意的な動画加工で、泥沼化。相手にするな。

韓国反論動画 有志の方の努力により、今回の日韓の火器管制レーダー照射事件のシミュレーション動画が出来上がっている。韓国の動画を見たが、音楽と効果音が多くてどうしようもない動画であった。何かのサスペンスドラマのノリか。また、自衛隊のビデオを韓国側に有利になるよう誤解させる構成に加工している。 有志の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の不穏な動き

韓国の文在寅政権が不穏な動きをしている。北朝鮮との民族統一を目指す思いが強い文在寅大統領が、自国の韓国軍の弱体化に動いている。韓国軍は今まで、米国、日本との合同演習等で世界の実態を知っており、その大切さも知っている。 つまり、北朝鮮の危険さとか中国の脅威とか、ロシアの脅威等も韓国軍はわかっている。しかし、北朝鮮との統一を目指す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国 まともではないので、交渉せず断交でよい。

日本の動画公開での韓国が、また新たなコメントを発したが、笑止千万であきれてしまう。 子供の喧嘩にも劣る程度の低い反応。こんなことでは、まともに国家間で交渉というレベルではない。 どうぞ、断交してください。 「『神風』連想させる」=哨戒機の低空飛行批判―韓国紙 海上自衛隊のP1哨戒機が韓国駆逐艦から火器管制レーダー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南北朝鮮は統一せよ

南北朝鮮は統一するべきである。文在寅大統領は、反日姿勢を頑なに推進しており、日本との交流を望んでいない。望んでいるのは、北朝鮮との統一のみである。 今回の火器管制レーダー照射の件、募集工の最高裁判決への対応をみても、日本と交流するつもりはなく、反対に敵視外交をすいしんしている。 日本は、遺憾外交はそろそろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防衛省 レーダー照射ビデオ公開で韓国反応はどうなる

12月28日午後にも防衛省は、韓国駆逐艦による火器管制レーダー照射に関する状況ビデオを公開する。 韓国側の自主的な謝罪を促すために時間をとって段階を踏んできたが、韓国側に一切そのような姿勢が見られなかったことから、事実関係の公開になる。 韓国駆逐艦の近くに北朝鮮の船舶がすでに停泊していたことから、「レーダーによる捜索」の”言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不誠実な国 韓国には制裁が必要

韓国駆逐艦による、日本自衛隊機に対しての火器管制レーダー照射事件。 いつまでたっても事実を認めないどころか、日本に対して喧嘩を売るような言い訳に終始している。 日本にとって、マイナスであり今までの、日・米・韓の軍事同盟も根本から崩れる状況となった。 初めは堂々と認めたうえ「大した話ではない」と言っていました。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国への制裁は不可避

海上自衛隊機に対する、韓国駆逐艦からの火器管制レーダー照射について、韓国側の説明が二転三転している。事実は一つしかないのに、説明するたびに全く違った内容の状況説明になっている。そればかりか、日本側が悪いかの如く話をもってこようとしている。悪質極まりない。 それに対して日本の海上自衛隊の説明は一貫しており、真実性が高い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敵は国内にいる TV朝日 青木理のトンデモ韓国擁護

羽鳥慎一のモーニングショーで青木理氏が今回の韓国軍による火器管制レーダー照射した事件で、番組の中でコメントしている。 内容は、あくまで韓国擁護。番組の中でのやりとりで、韓国擁護。それでころか、間違った事実を番組の中で話している。 意見は色々あってよいと思うが、事実を曲げてまで自分の意見を公共の電波を使って話すのは大いに問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信用してはいけない韓国人

韓国・朝鮮人との付き合いにおいて、昨今の不誠実な対応は今に始まったものではない。 福澤諭吉氏が辛辣に批判している。 左れば斯る国人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼等の持前にして毫も意に介することなし。既に従来の国交際上にも屡ば実験したる所なれば、朝鮮人を相手の約束ならば最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more