テーマ:ソフトバンク

稀代の錬金術師。孫正義氏は何をしようとしているのか。

ソフトバンクについては、その昔から孫正義氏の強気な投資戦略のため、危険であるという話が絶えない。 しかし、孫氏の時代を読む先見性もまた、他の追随を許さない優れたものとなっている。日本だけでなく世界を見据えた投資戦略は優れたものがある。そして今回、今までの規模を大幅に上回る投資ファンドの計画がある。何が彼をそうさせているのだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウーバータクシー レイプ事件の温床になる危険

ソフトバンクが筆頭株主であるウーバータクシーが広まってきている。 「ウーバータクシーとは」 Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリ(配車システム)である。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PayPay不正利用 ずさんなシステム 起こるべきして起きた

鳴り物入りで登場したPayPayだが、いきなりカードの不正利用が多発。利用していないのにカード契約者に誤請求が出ている。 「PayPayでのクレジットカード不正利用」といっても、PayPayからクレジットカードの情報が流出したというわけではない。もともと流出していたクレジットカード番号を何者かがPayPayに登録し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイの基地局を採用するソフトバンク

ソフトバンク携帯・端末を持っている人は、将来通信制限を受けるかもしれない。 ファーウェイは通信基地局の世界シェア1位で、すでに66カ国の通信会社向けに約1万件の基地局を出荷している。そこで問題になるのが、ソフトバンクだ。ソフトバンクはファーウェイの基地局を採用しており、同社と5Gの共同開発や実証実験を行っている。 h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more