テーマ:米中貿易戦争

中国の対米攻撃 有毒物質のフェンタニル輸出 現代版「アヘン戦争」

米中貿易戦争は、双方が譲らず。激しさを増している。 今のところトランプ氏が強権を発動して中国からの米国企業撤退指令など、中国経済を疲弊させる作戦が徐々に急激に効いてきている。 しかし、中国企業も海外に合弁企業を作り迂回輸出をするなど、米国からの規制の網を潜り抜けるべく動いており完全には規制が出来ていない。 さて、戦いはこれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の産業空洞化。中国の狡猾な計画を見過ごすな。

かつての日本は、優良企業が多数あった。国内の優秀な企業が優れた製品を作り海外に輸出をし、外貨を獲得してきた。 ゆえに、日本は国民は豊かになり現に豊かさを感じていた。給料も右肩上がりで上がっていった時代である。 さて、今はどうか。 給料は右肩上がりどころか、派遣社員の増大によって働いても働いても豊かになれない国民が増えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだまだ抜け穴があるかも米中貿易戦争と規制

米国は中国への技術、情報流出を防ぐべくスパイその他の監視を強化している。 しかし、香港の存在があった。米国の軍事の要である人口衛星を中国がある時期まで購入していたり、米国衛星を利用していることが判明している。 スパイ行為等に長けている中国は、ありとあらゆる手段を使って技術と情報の盗用をおこなっており、今後も気を抜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国、ファーウェイに対する不当圧力。米へ解除要求。

ファーウェイのスパイ容疑に起因する米国圧力に対して、中国が改めて不当圧力を解除するように要請をしている。ここにきて、米国の圧力がしっかりと中国にダメージを与えてきているようだ。 中国外務省は、ファーウェイを含む中国企業に対し、根拠のない圧力をやめるよう述べ、米国とカナダ政府を強く批判した。 中国のこうした主張に対し、スパイ容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

油断ならない中国の軍拡

中国がインド国境からわずか50kmの地点に地下施設を建設していることが、衛星写真から判明した。 地下施設は2016年12月から始まっており、建設速度は遅いとのこと。その、理由に高い機密性を保ち、現地人ではなく派遣特別要員による建設が行われているからではないかと見られている。 中国に近く、人口が多いインドに対して将来にらみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国 春節も浮かれている場合ではない危機

中国の工場がドンドン閉鎖している。元々、人件費高騰により国外へサプライチェーンが逃げていたところへ、米中貿易戦争が勃発。国内の雇用が急速にシュリンクしてきている。 春節で休みになった工場が、休み明けになってもそのまま閉鎖したままとなる先の予想数が増大してきている。 もともと、広東省だけで人口が一億人以上もいる国である。雇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more