テーマ:スパイ

まだまだ抜け穴があるかも米中貿易戦争と規制

米国は中国への技術、情報流出を防ぐべくスパイその他の監視を強化している。 しかし、香港の存在があった。米国の軍事の要である人口衛星を中国がある時期まで購入していたり、米国衛星を利用していることが判明している。 スパイ行為等に長けている中国は、ありとあらゆる手段を使って技術と情報の盗用をおこなっており、今後も気を抜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深田萌絵 ファーウェイの実態と日本政府・企業への叱咤激励

スパイ企業・ファーウェイの実態を熱く語る深田萌絵氏 ファーウェイのこの悪事を止めないと、日本の企業はどんどん中国に取られ、仕事は流れて日本の雇用先は無くなってしまう。 日本政府は、中国に対して正面から反論しないといけない。 そして日本企業は、昔のものつくり日本へ立ち返らなければいけない。 今の日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人 スパイ養成 世界に派遣

中国は、自社で一から製品を開発するような人種ではない。世界各国から情報を盗用して自社製品として売り出す。 米国の大学や企業に来ている中国人は、その大半がスパイと思っていたほうがよい。 中国共産党の一党支配。超監視社会の中で中国人はどう生きていくのか。役人への賄賂、チクリ等正当ではない事をして生活をしている人が多い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ、贈賄などで「世界21カ国で捜査」

世界各国でファーウェイによる贈賄工作が明らかになっている。個人のみならず国家の中枢に対しても現金攻勢を繰り広げており、アフリカのガーナのように見返りとしてファーウェイに対し1億5000万ドル(約166億円)にのぼる政府の電子プラットフォーム構築プロジェクト契約を与えた。国、そのものを売る行為である。 中国通信機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイ周辺にうごめく、殺人組織

ファーウェイによる技術盗用の話、他国の重要人物を篭絡し重要情報を盗みだす出来事は、状況証拠より事実であると強く推測される。 そればかりか、もっと強大な組織による活動が繰り広げられている。 単なる技術盗用、情報搾取であるなら一般人が知恵を絞り、自らの行動に注意することで防御することが可能であるが、こと殺人に関してはプロの領…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーウェイはスパイ企業 Facebook 他SNSも要注意

中国のスパイ行為は日本で氾濫しており、本当にスパイ防止法の制定が必要です。 企業に勤めていて技術の機密情報に携わっているとか、会社を経営している人とかは、必ず中国から監視されているから注意した方がいいです。 自分の行動や、人脈や異性の好みなども詳細に調べ上げて接近してきますから。 最近、妙な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米企業が中国に人工衛星を販売することは禁止

表題の件は当たり前のことだが。当たり前のことが、危うく情報が洩れようとしていた。 【ニューヨーク時事】12日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、中国政府系企業から資金を受けたとされる米新興企業と米航空機大手ボーイングが結んだ人工衛星の供給契約について、米証券取引委員会(SEC)が調査していると報じた。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーランド当局、ファーウェイ幹部を逮捕 スパイ容疑

やはり、米国が調査したことは事実であったのか。ファーウェイは世界でスパイ行為をやっている。 中国のIT技術の躍進に目を見張っていたが、その目的は中国共産党・人民解放軍が推進するスパイ行為だ。他国の情報、技術を盗むためなら金に糸目をつけない。中国にはやはり「モラル」というものがないようだ。 ファーウェイ製のスマホを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スパイ・HUAWEYのマスコミを使った金銭攻勢が始まる

2018年12月27日 日本経済新聞 全面広告 ファーウェイ危機によるスパイ疑惑について、西側主要国の締め出しが始まりファーウェイ側の危機感が高まっている。早速日本経済新聞への全面広告にて、自社の潔白をアピールするメッセージを掲載した。しかし、全くの嘘である。 西側諸国の観点からみれば、ファーウェイの潔白もあるのかもしれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の技術情報窃取、ハッキング、スパイは紛れもない事実

やはり中国。ファーウェイのスパイ容疑で中国の正当性を主張しているが、日頃やっていることがインチキなので世界の誰も信じない。中国国民は、中国が優秀であり中国の秀逸な技術力、情報力、経済力を恐れている米国が、中国をつぶすためにインチキをやっていると主張しているが、まったくもって何の証拠もなく、反対に技術窃取、スパイ容疑は疑いもない事実で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 日本、HUAWAYと ZTE 中国通信機器 公共入札から除外

日本政府が、安全保障上の観点から中国通信機器大手の「ファーウェイ」と「ZTE」を、情報システム導入時から除外する方針を固めた。 米、豪は先駆けて全政府機関での製品使用を禁止しているが、日本もこの流れに続くこととなった。 日米安全保障条約の関係や、日本が米国からの武器購入、技術の共同開発をしていることから機密情報の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more