トヨタが月面車開発 宇宙服不要…2029年打ち上げへ

トヨタ自動車が壮大な計画を明らかにした。
ホンダがホンダジェットを計画し商用ベースに乗せて世界をあっと言わせたように、トヨタも大きな夢を実現化するようだ。

画像


どちらかと言うと、優等生で冒険もしない面白みに欠けるメーカーであったが、宇宙開発への具体的な一歩を踏み出すことは技術立国日本にとっても喜ばしいことだ。




トヨタ自動車は12日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で、月面で宇宙服を着ずに乗車でき、燃料電池で1万キロ以上走破できる車の開発に取り組むと発表した。2029年に米国のロケットでの打ち上げを目指す。

月面を走る車は、米アポロ計画でも電池で動くバギーが活躍した。ただしオープンカーだったため、乗車の際に宇宙服を着なければならなかった。空気で満たされた車が月面を走れば世界初となる。

JAXAは30年代をめどに、日本人宇宙飛行士による月面探査を構想しており、月面車の活躍が期待される。

構想によると、月面車は内部が人が過ごしやすい気圧を保った「有人与圧ローバー」。飛行士は宇宙服を着る必要がない。全長6メートル、幅5・2メートル、高さ3・8メートルで、マイクロバス約2台分のイメージ。

産経WEB
http://bit.ly/2EVsdm8


夢見た未来が現実化しそうである。

画像




"トヨタが月面車開発 宇宙服不要…2029年打ち上げへ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント