未だに中国人、韓国人を入国させている法務省入国管理局 日本にもコロナ第二波が襲ってくる

31929a2463b890fb9a73996325493d63d82d4.jpg

世界でコロナ患者が大量発生している国からの入国、その国への出国は禁止されているはずであるが、現在驚くことなかれ毎日600人近い外国人が入国している。
それが、入国管理局の判断する「特段の事情」という判断。


朝鮮人など特に人権にうるさい。
DsFtYxjVYAIyDbz.jpg

日本に入国している外国人の大半は中国、韓国であるが、入国管理局はその国籍さえも明らかにしていない。いったい何のために秘密にする必要があるのであろう。

平成28年4月1日から、外国人入国記録・再入国出入国記録の様式が変わっており、そこには国籍・地域・性別等の記載事項の一部を削除している。

なぜ、こんなことをする必要があるのか。外国人の出入国は日本の安全保障に大きくかかわる部分ではないのか。

こんなことになっていることを、いったいどの程度の日本人が知っているであろうか。マスコミはどこも報じていない。報じるのは芸能人の不倫ネタ・アベノマスク・コロナ患者の日本の新規患者数だけ。本当に大切なことは一切報じられていない。

NHK・テレビ朝日・朝日新聞・毎日新聞・電通等は朝鮮人・中共の人員が多数入り込み、偏向・ねつ造報道のオンパレードである。

皆で、国に具体的な抗議の声を上げていかないと、本当に国自体が中国化、朝鮮化してしまうだろう。

本当に恐るべきことが起こっている






新型コロナウイルス感染症の拡大防止の係る上陸拒否について
http://www.moj.go.jp/content/001318288.pdf

再入国を許可することのある具体的な事例http://www.moj.go.jp/content/001321919.pdf

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント