サッカーJリーグの在日韓国人の監督、スタッフや選手に暴力か

441m.jpg

韓国・朝鮮は極力排除がよろしい。トラブルを起こすのは、ほとんど韓国・朝鮮。


Jリーグ1部(J1)の湘南で、曺貴裁(チョウキジェ)監督(50)の指導にパワーハラスメントの疑いがあるとして、Jリーグが近く調査に乗り出すことになった。指導スタッフや選手、クラブ幹部らも含め広く事情を聴く。これを受けて、湘南は13日、調査が終わるまでの間、曺監督が練習を含めてチームから外れ、コーチが代行して指揮を執ると発表。13、14日の練習を非公開に変更した。湘南は12戦を残すJ1で11位につけている。

パワハラの疑いが発覚したのは、日本サッカー協会への匿名による通報がきっかけ。複数の関係者の証言によると、曺監督や一部のコーチがチームスタッフや選手に対して、数年にわたり、人格を否定するような暴言や、精神的に追い込むような指導を繰り返していた。

今季も試合後の控室でミスをした選手を激しい口調で責め、スパイクをけり飛ばす行為があったという。昨季限りで他クラブに移籍した選手の中には、シーズン途中で練習に出てこられなくなった選手が複数いた。だが、その原因についてクラブ側からチームの選手たちへの説明はなかったという。

曺監督は2012年に湘南の監督に就任して8年目。この間、チームをJ1昇格に3回導き、昨年にはルヴァンカップ初優勝を果たした。
0

この記事へのコメント