韓国の態度に米国も不満

ponpeo2.jpg
文在寅大統領の日米韓にかかわる重要条項に、信じられない判断をしたことに対し、米国のポンペオ氏も苦言を呈している。
韓国の判断の基準は、あくまで反日世論に基づくもので国家の安全とか考えていない。

あるいは、在韓米軍が今後撤退しても日本の軍事上の協力がなくても、やっていけると判断しているのであろう。
すなわち、北朝鮮との国家統一。中国やロシアの傘下へ入ることを計画していると考えられる。

こう考えると、文在寅大統領は極左的な思想の持ち主であり、これが歴史上韓国と言う国の存続さえも危ぶむ結果となるだろう。

韓国が近いうちに国家デフォルトになる可能性も高くなってきており、米国などはアップル製品の部品「有機ELディスプレイ」の
輸入を韓国から中国へ切り替えることとなった。

韓国は、自分の国が悪いとは少しも思っていない。今後もそうであろう。
米国としては、韓国がバッファとなって北朝鮮や中国の太平洋への進出を止めていたのであるが、考え直す時期に来ている。

この記事へのコメント