日韓対立、米が仲介提案 フェイクニュースか?

ponpeo.jpg


「日韓対立、米が仲介提案」について菅官房長官は、「そういった事実は無い」と報道を否定している。
それが本当ならば、なぜマスコミが報道するのか?
もし事実とすれば米国に泣きついた韓国の勝ちとなるのではないか。

今回の日韓関係の一連の経緯に対して、日本の対応はあくまで韓国に対する制裁である。
このまま、報道の通りにポンペオ氏の提案を日本が飲むなどしてはいけない。

さっそく、首相官邸にメールを送った。
首相官邸は、ちゃんとメールに目を通しているので、皆さんもメールを送ってほしい。

https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html


私は、以下文面で送りました。
皆さんもコピペではなく、簡単でいいので意見を送って下さい。





米国ポンペオ国務長官の日韓関係仲裁提案情報について


表題の件につき、すでに報道されていますが、菅官房長官は事実関係の否定をしています。
日本国民の意思は、あくまで韓国のホワイト国からの除外であり、そこに例え米国の意思が働いたとしても、予定通り8月2日に韓国のホワイト国からの除外です。

本件ニュースは韓国が作り、ロイター通信が発信したものを共同通信が配信したのか?
火のないところに煙は立たないといいますが、私はこれがフェイクニュースであることを望みます。

仮に米国の仲裁があり、韓国の希望通りになったとしたら、また日本は韓国の思うつぼ。この歴史的転換点でありながら、今回のホワイト国からの除外を延期するならば、日本はもはや独立国家ではないと思います。

日本国民の意思は、中国・北朝鮮に危険なほど近づき西側情報や、フッ化水素をはじめとする生産物の横流しをする韓国への正当な対応であり、米国や韓国の希望をくむことではありません。

以上よろしくお願いします。

この記事へのコメント