対韓国制裁、今回は徹底的にやる。さて、文在寅大統領がどういう反応を示すか。

730fa961l.jpg

いわゆる”徴用工”に関する韓国の対応に対し、今回日本は本腰を入れて韓国への輸出制裁を実施する計画だ。
この制裁が実施されれば韓国の主要産業は、操業が極めて困難になる。
韓国の主要産業に大きな影響が出ることが必至であり、文在寅大統領がどういう反応をするか結果を待ちたい。

思うに、文在寅大統領は大きな決断を自分ですることが出来ない人物だと思う。
性格的にはナルシスト。写真写りを気にするタイプで、外見を取り繕うことに力を注いでいる感じ。

日本は、今回を機会に韓国と縁を切ってもよいと思う。



[東京/ソウル 2日 ロイター] - 日本政府は1日、スマートフォンなどの製造に必要な材料の韓国向け輸出規制を強化すると発表した。


対象となる材料やその重要性についてまとめた。

◎輸出規制が強化される材料と、その用途

対象はフッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素の3品目。

フッ化ポリイミドはスマホのディスプレーに使われる。レジストは半導体ウエハーに回路パターンを転写するために塗布される薄い膜。フッ化水素は半導体製造工程においてエッチングガスとして使われる。

◎なぜ問題なのか

日本メディアによると、日本はフッ化ポリイミド生産で世界の約90%、エッチングガスで約70%を占めている。政府の報告によると、レジストの生産シェアは約90%。このため韓国の半導体メーカーは代替的な供給元を探すのが難しい。

韓国の大手半導体メモリメーカー筋は、韓国企業は在庫の積み増しを迫られると指摘。同社はレジストとエッチングガスの7割以上を日本に頼っていると述べた。

◎影響を受けそうな企業

サムスン電子(005930.KS)、SKハイニックス(000660.KS)、LGディスプレー(034220.KS)はいずれも影響を受けそうだ。

0

この記事へのコメント