米国、トランプ大統領のファーウェイつぶしの本気度


画像

米国、トランプ大統領は、ここにきてファーウェイに対し息の根を止める行動に出てきた。中国共産党の直下企業であるファーウェイが、人的にも経済的にも多くのパワーをつぎ込んで5Gの世界覇権を押さえにきている。

トランプ大統領は、これ以上のファーウェイの成長は自国の安全保障上大変危険で、取り返しのつかないこととなると考え、米国の総力を投入してファーウェイの成長の芽をつぶしにきている。

ファーウェイといっても、根本は中国共産党であり国策で他国を支配する計画を実行している。一帯一路政策ばかりか、他の発展途上国を借金漬けにして他国を中国配下に治めている。

米国がこのような中国を許すわけがない。ある意味、中東のイランより中国の方が数倍危険であるとみているだろう。

中国人は、元来、賄賂社会でありあらゆる汚い手を使って、スパイ行為を働かしてくるだろう。日本人一人一人も、中国関係者との付き合いは慎重にしたほうがよい。さもないと、知らないうちに相手側に取り込まれ、最悪の場合、命まで奪われかねない。





米国、トランプ大統領は、ここにきてファーウェイに対し息の根を止める行動に出てきた。中国共産党の直下企業であるファーウェイが、人的にも経済的にも多くのパワーをつぎ込んで5Gの世界覇権を押さえにきている。

トランプ大統領は、これ以上のファーウェイの成長は自国の安全保障上大変危険で、取り返しのつかないこととなると考え、米国の総力を投入してファーウェイの成長の芽をつぶしにきている。

ファーウェイといっても、根本は中国共産党であり国策で他国を支配する計画を実行している。一帯一路政策ばかりか、他の発展途上国を借金漬けにして他国を中国配下に治めている。

米国がこのような中国を許すわけがない。ある意味、中東のイランより中国の方が数倍危険であるとみているだろう。

中国人は、元来、賄賂社会でありあらゆる汚い手を使って、スパイ行為を働かしてくるだろう。日本人一人一人も、中国関係者との付き合いは慎重にしたほうがよい。さもないと、知らないうちに相手側に取り込まれ、最悪の場合、命まで奪われかねない。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック