EV車の普及は本当に良いのか?常識を疑おう

現在、車はEV車が普及するだろうというトレンドになっている。究極のエコカー、温暖化ガス発生0と環境にやさしい車として宣伝されている。

画像


さて、ここでEVカーのメリットとデメリットを、並べてみたい。

メリット

1、化石燃料を使わないので、温暖化ガス排出0で環境にやさしい。

2、環境にやさしい新技術の車に乗っているんだという事故満足感を得られる。

3、電気モーター音が大変小さく、騒音発生しない。

4、将来的に自宅に充電施設を設けることで、自宅で充電ができ便利。

5、モータートルクもあり、加速がいい。




デメリット

画像


画像



1、大量の電気を使う。発電は火力発電、原子力発電主流で、実はエコではない。

2、電池の材料も大量のレアアースを使用するため、掘削に要するエネルギー消費も大きい

3、まだまだ電池が高額であり、車自体が割高。

4、充電施設数がまだまだ不十分で、遠距離走行、渋滞時走行、夏のエアコン消費時走行、
  災害時の利用等不安要素が大きい。

5、充電に時間を要する。


そして、今回深田萌絵氏の提言から、以下のような問題が起こっている。

1、従来のエンジンに比べ、電気モーターと高性能バッテリーの組み合わせなので、車の構造が簡単。
  技術力のない中国が簡単に製造増産できる。(技術を簡単にコピーされ複製される)

2、高性能バッテリー自体が危険物であるため、発火しやすい。

3、、自動車部品点数の大幅減によって日本の従来の自動車産業のサプライヤー数が減る。
   中国に自動車産業の中心が移る。(日本経済の疲弊)





上記、メリット・デメリットは賛否両論があると思う。
実際は、何がいいのだろう。


総合的に考えて、両者のいいとこどりをしている、ハイブリッド車がいいと思う。


1、ガソリンの消費も少なく、エンジン音も静かで、加速もいい。燃料補給もガソリンスタンドでものの5分でできる。

2、遠距離走行時や、夏の渋滞時のバッテリー消費にも安心できる。

3、日本の技術力が大きく貢献でき、企業の技術力も高いため中国が簡単に、コピーできない。

画像





巷の人々は、石油燃料がそう遠くない将来、枯渇すると思い込んでいる人が少なくない。
実のところ、実は掘削できる石油はまだまだ何千年先もある。掘削技術の進歩で、年々掘削可能原油量は増え続けている。

画像


画像




画像


エコ発電と言われている太陽光発電があるので、普及によってエコにつながると純粋に思っている人もいるけれど、実はそうでもない。太陽光発電パネルに使われる。
家庭用ソーラーパネルにおいて自家発電をした場合。現在の売電価格で計算すると元を取るまで10年程かかる。10年目以降からソーラーパネルの耐用年数まで、その恩恵に初めてさずかる。

画像


だが、年々売電価格は下落しており、それに伴って元を取る年数は長くなる。
太陽光発電で電力会社が安く購入しても、電力会社としても困ることがある。
電力供給会社として大切なのは、適量の電力量を安定し送電することである。したがって、電力が不足しても余ってもいけない。送電電力はためておくことが出来ないから、ソーラーパネル発電で大量に電気を送電線に送ってもらっても、安定供給に障害をもたらす。

画像




ソーラーパネルの法定耐用年数は17年。ソーラーパネルの期待寿命は20年~30年だから、故障や災害に合わなければ、10年目以降からメリットがでてくるのだろう。(ソーラーパネルを支えている、躯体や配線のメンテナンスが必要)


太陽光発電の電気1KW/hつくるのに、実は4KW/hの電力が必要
武田邦彦工学博士 




以上、世の中のムードの中で物事を決定してしまうことがあるが、よく考えるとそれがあまりよくない事だとわかることがある。私たちは時代の流れの中で長期的に、総合的判断をしていく必要があるだろう。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック