4月11日米韓会談 文在寅大統領トランプ氏と

画像


米国と北朝鮮の仲介役を”自認”している文在寅大統領が、4月11日米国トランプ大統領と会談に臨む。
先の、米朝会談で決裂している状況の次を模索してのことだろう。

しかしながら、文在寅大統領は八方美人で、かつ、嘘つきなので物事が進むとは思わない。
文在寅大統領は、いそいそと米国へ向かうだろうが、米国にお灸をすえられにいくようなものだ。「いったい何を考えているんだ‼」とトランプ大統領に釘をさされるだろう。


画像




文在寅(ムン・ジェイン)大統領が来月11日、米ワシントンでトランプ米大統領と首脳会談を行う。2月のベトナム・ハノイでの米朝首脳会談が物別れに終わって約40日が経ち、文大統領が再び米朝の接点を模索する。

尹道漢(ユン・ドハン)大統領国民疎通首席秘書官は29日、「文大統領が来月10日から2日間、米国を訪れ、11日(現地時間)にトランプ氏に会う」とし、「両国首脳は会談で、韓米同盟関係をさらに強化し、完全な非核化による韓半島の平和体制の構築に向けて深く話し合う予定だ」と話した。文大統領の就任後、韓米首脳会談はこれまで6回行われ、昨年11月に主要20ヵ国・地域(G20)首脳会議が開かれたアルゼンチンでの会談が最後だった。

http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/1685452/1




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック