堺市、竹山市長1億3000万円政治資金収支報告書未記載

画像


堺市の竹山市長とその後援会が、1億3000万円余りを政治資金報告書に記載漏れをしていた。
本件について、市長に対する不信任決議案が提起されたが、大阪維新を除くすべての会派で否決された。

しかし、金額は1億3000万円である。ずさんもずさん。お金の使い方がいかに不透明かわかる。判明しただけで、これだけなので、よく調べたらもっと使途が怪しい部分があるのではないかと想像してしまう。

また、驚きは竹山市長に対する不信任決議案が、大阪維新を除いてすべての会派で否決となったことだ。
「罪」を犯しても、罰せられない身内に甘い堺市議会議員である。

大阪維新VSその他の政党という戦い。そのまま、大阪都構想の戦いの構図と一緒である。
大阪は既得権益を握る集団があまりにも多種多様にはびこっているため、改革には相当の時間と力が必要になるだろう。

画像

大阪維新に対する包囲網は強い


大阪・堺市の竹山市長の後援会などが政治資金収支報告書に1億3000万円を超える収支を記載していなかった問題について、堺市議会は14日、市長に対する不信任決議案の採決を行い、大阪維新の会を除くすべての会派の反対で否決しました。
このあと法的拘束力のない問責決議案が可決される見通しです。

竹山修身市長の後援会や資金管理団体などは、寄付金や政治資金パーティーなど7000万円余りの収入と6500万円余りの支出を収支報告書に記載していなかったことがわかっています。

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190314/0013464.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック