電子決済サービス アリペイに見る個人情報拡散

中国、アリババグループのアリペイに代表されるように中国では電子決済サービスが浸透している。

画像


スマホさえあれば、スーパーで食料品を買って日本のようにレジに並ばないでも瞬時に決済出来てしまう。外食時も簡単に注文し支払いできてしまう。

流れを見れば大変便利で、今後世界に広まっていく流れである。現金志向が強い日本では、旧来のクレジットカード決済率も低いが、電子決済に関しては、ほんの少ししか利用されていない。
最近になってLINEペイやPayPayのキャンペーンなどで、電子決済の認知度がやっと上がってきている状況である。

画像


さて、電子決済先進国中国。元々、中国共産党の一党支配国家である。中国国内においても、個人情報は顔認証情報を含め収集されており、何らかの行動をすればすぐに個人が特定される監視社会だ。
アリペイの便利さの裏には、こうした個人を監視するシステムと一心同体であることを肝に銘じないといけない。

ネット社会において、自分の情報はすでに細部に渡って中国に渡っていると考えていた方がよい。そのことを念頭において、社会活動をしていくことが自分を危険から守る方法である。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック