文喜相(ムン・ヒサン)国会議長発言

画像


韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が日本の天皇陛下に関して無礼な発言をした。
その、開き直りぶりにはあきれるばかりだ。



これが韓国の本質だ




韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は米ブルームバーグのインタビューで、近く退位する天皇が(元慰安婦の)「おばあさんの手を握り、本当に申し訳なかったと一言言えば、すべて問題は解消される」と語った。

それだけではない。文氏は天皇陛下について「その方は戦争犯罪の主犯の息子ではないか」とまで難詰していた。いずれも、同通信が電子版で2月8日に報じた。

画像


これが韓国メディアで報じられると、日本側は当初、河野太郎外相が10日、外遊先のフィリピンで「発言には気を付けていただきたい」とやんわり注意しただけだった。外遊先で情報不足だったためなのか、いかにも手ぬるい印象は免れない。

画像


だが、12日に事態は一変する。安倍晋三首相は衆院予算委員会で「はなはだ不適切な内容であり、極めて遺憾」と語るとともに、外交ルートで抗議し、発言の撤回と謝罪を求めたことを明らかにした。河野外相も今度は「到底、受け入れられない。極めて無礼」と強い口調で述べた。


日本で問題視されると、文議長は「戦争犯罪の主犯の息子」という発言について「戦争時の日本の国王の息子という意味だ」と釈明した。これは嘘とすぐバレてしまう。ブルームバーグが公式サイトで音声データを公開したからだ。


そこには、文氏の発言がこう記録されていた。

(謝罪をするのは)日本を代表する天皇がされるのが望ましいと思う。その方はまもなく退位するといわれている。

その方は戦争犯罪の主犯の息子ではないか。だから、その方がおばあさんの手を握り、本当に申し訳なかったと一言言えば、すべて問題は解消されるだろう。


画像


逃げられなくなった文氏は12日、訪問中の米国で「謝罪するような事案ではない」と語り、謝罪を拒否する。そのうえで

「(日韓の)合意書が数十個あったところで、どうするのか。被害者の最後の許しがあるまで謝罪しろということだ」と完全に開き直った。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック