スルガ銀行員、デート商法関与か 改ざん書類で融資

画像

不動産融資 シェアハウスかぼちゃの馬車で不正融資が問題になったスルガ銀行で、デート商法にも改ざん書類で不正融資をしていることがわかった。
もうけ優先で、判断基準を逸脱した行為はとても銀行とは言い難い。


 スルガ銀行の行員がデート商法詐欺まがいの行為に関与し、個人向けの無担保ローンを融資していた疑いがあることが13日、関係者の話で分かった。借入金使途や年収が改ざんされた書類に基づいて契約するなど、ずさんな手続きだったもようだ。スルガ銀広報室は共同通信の取材に、弁護士を交えた調査に着手したことを明らかにした。

2/13 共同通信
http://bit.ly/2Sv4Vgv


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック