米企業が中国に人工衛星を販売することは禁止

表題の件は当たり前のことだが。当たり前のことが、危うく情報が洩れようとしていた。
画像



【ニューヨーク時事】12日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、中国政府系企業から資金を受けたとされる米新興企業と米航空機大手ボーイングが結んだ人工衛星の供給契約について、米証券取引委員会(SEC)が調査していると報じた。


とにかく中国はありとあらゆる手を使って、機密技術を盗もうとしている。米国もトランプ大統領になってその辺の防衛は必至だ。

心配は日本である。日本の政治家においては、その辺の危機感が全くない人が実に多い。そして、極端に金に弱い。中国の思うつぼであり、日本の弱みとして中国も指摘している。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック