いつまでもしらを切り続ける韓国

画像


防衛省が自衛隊機からの動画を公開したことに対して、韓国国防省は「証拠とみなせない」とのコメントを発表した。

映像でここまで映し出されているのに韓国側はそれでも嘘をつく。実際は、音声・映像データだけではなくフライトレコーダーや、レーダー照射時の(今回公開されていない)映像・音などの記録がある。
併せて、在日米軍が当時探査している自衛隊機と韓国海軍艦の位置関係を記録したレーダーなど、違った視点での情報があるはずだ。

嘘をつきとおす韓国は、いまさら「ごめんなさい」とも言えずどんどん国際社会の信頼を無くしていく。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック