中国の技術情報窃取、ハッキング、スパイは紛れもない事実

画像

やはり中国。ファーウェイのスパイ容疑で中国の正当性を主張しているが、日頃やっていることがインチキなので世界の誰も信じない。中国国民は、中国が優秀であり中国の秀逸な技術力、情報力、経済力を恐れている米国が、中国をつぶすためにインチキをやっていると主張しているが、まったくもって何の証拠もなく、反対に技術窃取、スパイ容疑は疑いもない事実である。





EUの外交公電、ハッキングで多数流出 ネット上に

米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は18日、欧州連合(EU)の外交公電を扱うシステムが約3年間にわたりハッキングを受け、多数の公電が流出したと伝えた。米サイバーセキュリティー会社が公電数千本の流出をインターネット上で発見、一部を同紙に提供した。

 ハッキングは中国の人民解放軍の手口に似ており、同社の専門家は「中国政府とつながりがあるのは疑いがない」と述べた。
 今年7月のEU当局者と中国の習近平国家主席の会談に関する公電には、米政権との貿易紛争について習氏が「貿易戦争は皆を傷つけるが(米国の)いじめには屈しない」と語ったことが記されている。(共同)


https://mainichi.jp/articles/20181219/k00/00m/030/193000c

中国のスパイ行為や、技術情報窃取。もはや、中国のお家芸。


画像


ITビジネスアナリスト 深田萌絵ブログ

四年前、ファーウェイの工作に百人以上が裏工作に加担してうちの会社はつぶれました。

元彼もハニトラで奪われて別れて何年も経っていたのに、潰れかかったうちの会社を買収しようと突然現れました。アナログ経営者のくせに急に人工知能チップが欲しいとか嘘つけと思うわけです。

http://fukadamoe.blog.fc2.com/blog-entry-4060.html




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック