日本の通信機器メーカー、監視カメラメーカーに朗報

画像


米国をはじめとする同盟国でのファーウェイ・ZTE製品の排除で、日本企業にチャンスが巡ってきている。
中国が世界で大きなシェアを握っている監視カメラの世界でも、同社製の製品は排除されている。
ここで、日本の監視カメラ製造会社はチャンスである。

米国をはじめとして、監視カメラの需要は大きい。すでに中国製の監視カメラが世界各国に設置され、大きなシェアを占めている。日本はこのチャンスを生かすと良い。

中国の監視カメラシェア
画像


日米貿易戦争は激しさを増し、この流れは当分の間続くであろう。米国と日本はタッグを組み、中国をけん制していくことが大切である。そうした中でも日本は中国としたたかにその他の合法的な部分でしたたかに取引をしていく必要があるだろう。両国の間は切っても切れない関係にある。

画像


米中貿易戦争で、もう一つの大国であるロシアの存在を忘れてはいけない。米ロ関係は軍事関連で敵対関係である。米ロ中の互いの綱引き関係から目が離せない。安倍首相は世界政治上、ある程度信任も得ている首相であり、国際間の駆け引きにも長けている。

米ロ中に比べれば、国土面積・人口においても劣勢である日本が世界で重要な位置にとどまり続ける(日本が豊かな生活を維持する)上で、政治的な駆け引きと国内技術力のアップは必須条件である。この日本という国の未来に期待をしたい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック