森友・加計学園問題 先行き予測

画像


森友問題も国交省と森友学園間での口裏合わせが表面化し、国会もますますヒートアップしてきた。
安倍首相と安倍昭恵夫人の直接関与の証拠が無く、あくまで財務官僚の忖度が行き過ぎたイメージであり、そうであれば財務省の責任のみで決着を見るかと思った。

画像


しかし、口裏合わせが表面化した以上、8億円の値引に対して財務省側が積極的に関与している事を証明した格好となる。「トラック4,000台分のゴミを積んだ10トンダンプの往来があった事にしてほしい」近畿財務局側から森友学園側に働きかけたというのは、完全な「黒」になる。そんな、すぐばれる嘘を承諾すると思ったのか、ここには近畿財務局側の「焦り」が見られる。
実際は、森友学園側の動きで2回目のごみが出たとクレームをつけてきたやり方だ。
やり方が脅しに近かったため、近畿財務局側が始末をつけるしかない状況に追い込まれた模様。

画像


森友側の話の窓口は、状況的に当時代理人弁護士であった「酒井康生弁護士」と思われるが、国会でも同弁護士の「証人喚問」がようやく叫ばれ出した。酒井弁護士に対してはすでに懲戒請求が大阪弁護士会に対して提出されており、酒井弁護士もいずれ逃げれなくなるだろう。
酒井弁護士がとにかく森友問題のダークな部分を全部知っている張本人。


画像


加計学園問題が「再燃」してきた。愛媛県側の主張と政府側の主張が真っ向から対立している。
まさに「首相案件」と言う事で、こちらは首相自身の関与が濃厚であるように報道されている。国会では、野党側がまるで蜂の巣をつついたように、うるさくなってきた。「ヤジと怒号」が飛び交っている。

ただ、官僚館では「首相案件」という言葉ではなく「総理案件」と呼ぶのが正しい。それだけに、情報の出所を疑う余地はありそうだ。

画像


柳瀬唯夫首相秘書官が愛媛県や今治市の職員と「記憶の限りではお会いしたことはありません。」と微妙な言い回しをした。いわゆる加計学園が「首相案件」であることを間接的に否定している。

一方愛媛県の中村時広知事は「首相案件」文書は存在していたと認めた。しかし、文書の存在は電子データを含め存在しなかったと説明。しかし、出席した職員にヒアリングしたところ、備忘録があると話している。

画像


確実に、柳瀬秘書官か愛媛県側のどちらかが「ウソ」をついているのは明白であり、質問している野党側の怒りもそうだが、公明党や一部自民党議員の中からも内閣に対する批判が出ている。

冒頭も申し上げたが、「森友学園」が第一波であるとすれば「加計学園」は第二波である、そして「スパコン問題」も押し寄せてくる。くる波が何回も何回も安倍内閣と財務省、文部科学省、厚生労働省など官僚に向かってくる。
一つ感心するところは、これだけ波状的に質問攻撃を受けてまだ内閣が崩壊しないで持ち続けていることだ。

画像


安倍首相は麻生財務相に責任をとって更迭する考えもあるが、年上である麻生財務大臣も安倍首相が辞任すればいいと思っている。この二人が辞めそうでなかなかやめないところが、今回の注目すべき点である。
国会中継をみていると、安倍首相が答弁で困っていると後ろの大臣席で麻生氏がニヤニヤ笑っているのが見える。
画像

野党側も、自分たちの存在価値を国民にアピールできる絶好のチャンスなので、「声を大にして」質問攻撃をかけている。でも、野党側も裏では相当悪いこともやっているだろう。

最後に一つ書いておくが、安倍首相・麻生財務大臣・菅官房長官は今の日本国にとっては最強である。
安倍首相に対する反対運動がクローズアップして報道されているが、外交に関しては積極的にやっていると思う。もちろんこの見方に対する反対が多いのは十分承知している。
内閣に対する反対圧力が強いのは、安倍内閣が今までの古い規制を打ち破って新しいことに挑もうとしているからとも見える。

そもそも、特区構想も考えてみれば首相が旗を振ってやらないと、一向に前に進まないと考えることができる。

物事には裏と表がある。見方によっては、違う見方ができるということだ。どちらの考え方をするかは個人の自由なので、このブログを読んでいる方にも無理強いはしない。
今回の安倍内閣への攻撃はあの、「朝日新聞」が中心になってやっていることにも注意したい。

「朝日新聞」により「従軍慰安婦問題」が発生した。また、北朝鮮を「地上の楽園」と大々的に報じ日本にいた人が大々的に北朝鮮へ渡り、その後帰ってこれなかったことも忘れることはできない。

画像


画像


ウイキペディア
https://goo.gl/rqpMei

「地上の楽園」
https://goo.gl/PkN8ZH



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック