「「STAP研究の舞台になった理研発生・再生科学総合研究センターを遅くとも年内までに」」について

「STAP研究の舞台になった理研発生・再生科学総合研究センターを遅くとも年内までに」」について
理研・特に小保方さんへの世間の対応は異常。
表現に語弊があるかも知れないが、百歩譲って彼女は、麻薬犯罪者でも殺人容疑者でもないのである。
普通の人間なら、とても耐えられない仕打ち。
もともと、理研としてSTAP細胞の事を世間に発表するということは、それなりの根拠と責任をもってやった事。

小保方さん一人に責任をなすりつけて、「懲戒」とか発表する事すらナンセンス。

外資薬品メーカー等をも牛耳っている米国ユダヤ金融資本が圧力をかけて、つぶしにかかっているのは明らか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック