TPP反対の正論 自民党德田穀議員ブログ 世界統合を狙う米国ユダヤ金融資本

画像

TPP参加に対して危機を感じている人は多い。TPPがいかに危険か自民党徳田議員が主張している。
しかし、同時に徳田氏は闇の勢力によって強大な圧力と罠に陥れられようとしています。
過去日本の主権を主張する多くの正しい人がつぶされています。相手は米国ユダヤ資本です。

安倍首相が無条件でTPP交渉に参加しているのは、裏で脅されている事と多額の裏金、又女性がらみの弱みを握られているからでしょう。

とにかく、TPP参加すれば徳田議員が表現している以下の日本の将来が待つ受けているのです。


http://ameblo.jp/tokuda-takeshi/entry-11400318314.html

民主党をはじめ日本維新の会やみんなの党の政治家や支持者の皆さんは、TPP参加に賛成しておられますが、米国中心の経済共同体の下で聖域なき関税の撤廃をはじめ完全自由化をした時に、我が国がどのような姿になるか、本当にわかっておられるのか極めて疑問です。農作物をはじめ安価な輸入物が大量に流入することから、デフレは更に深刻化することや、価格競争に勝てない国内産業が危機に瀕することも覚悟しなければなりません。

遺伝子組み換え作物についても、米国の要求を受け入れれば、無条件に無制限に輸入され、「遺伝子組換え食品」、「米国産」と表記することも出来ずに、国民の皆様や子供たちに食べてもらわなければなりません。

貿易、金融、保険、知的財産、政府調達、医療、教育など全ての分野において、米国が定める経済ルールを全て押し付けられ、我が国は主権国家であるにもかかわらず、何一つ決めることが出来なくなり、結果として次世代の子供たちは日本の国創りが出来なくなるということが本当にわかっておられるのでしょうか。

遺伝子組み換え作物の危険性や、米国と経済連携協定を結んだメキシコや韓国がどのような状況になっているのか、お調べしていただいた上で、日本の将来のあるべき姿を真剣に考えていただきたいと思います。
画像


この記事へのコメント

HIROKI KONYA
2016年10月01日 07:38
おはようございます。事後承諾で申し訳ありませんが、使わせてください。よろしくお願いいたします。m(_^_)m
TPPの画像使わせて頂きました。ダメでしたらご連絡ください。削除いたします。hikon02@gmail.com

この記事へのトラックバック